佐藤一斎の名言3選|心に響く言葉

目次

佐藤一斎のプロフィール

佐藤一斎(さとう いっさい)
・1772年11月14日に生まれ、1859年10月19日に亡くなる。
・美濃国岩村藩出身の儒学者。
・儒学の大成者として公に認められ、天保12年(1841年)に述斎が没したため、昌平黌の儒官(総長)を命じられ、広く崇められた。
・朱子学が専門だが、その広い見識は陽明学まで及び、学問仲間から尊敬をこめて『陽朱陰王』と呼ばれた。
Wikipedia

佐藤一斎の名言 3選

(1) 春風を以て人に接し、秋霜以て自ら粛(つつし)む。

~佐藤一斎~

(2) 口先だけで人を論そうとする者には、誰もついてきてくれない。先頭に立って実行すれば、人は見習ってはくれる。しかし、道徳をもって感化すれば、人は自然に服従してくれるものだ。

~佐藤一斎~

(3) 少にして学べば、壮にして為すことあり。壮にして学べば、老いて衰えず。老にして学べば、死して朽ちず。

~佐藤一斎~

目次
閉じる