親鸞の名言20選|心に響く言葉

目次

親鸞のプロフィール

親鸞(しんらん)
・1173年5月21日に生まれ,1263年1月16日に亡くなる。
・鎌倉時代前半から中期にかけての日本の仏教家。
・浄土真宗の宗祖とされる。
Wikipedia

親鸞の名言 20選

(1) どのような悪人でも念仏だけで往生できる。

~親鸞~

(2) もとより、罪業に形なし、妄想の為せるなり。

~親鸞~

(3)「凡夫」といふは、無名煩悩われらが身にみちみちて、欲も多く、怒り腹立ちそねみねたむ心多く、臨終の一年に至るまで止まらず消えず絶えず。

~親鸞~

(4) なごりをしくおもへども、娑婆の縁つきて、ちからなくしてをはるときに、かの土へはまいるべきなり。

~親鸞~

(5) 弥陀の名号へとなへつつ信心まことにうるひとは、憶念の心つねにして仏恩報ずるおもひあり。

~親鸞~

(6) よしあしの文字をもしらぬひとはみな、まことのこころなりけるを善悪の字しりがほはおほそらごとのかたちなり。

~親鸞~

(7) 人間というのは契機がなければ一人の人だって殺せないのだ。しかし、契機があれば百人、千人、殺したくないと思っていても殺すこともあるんだよ。

~親鸞~

(8) ただ念仏のみぞ、まことにておわします。

~親鸞~

(9) ただ念仏のみぞ、まことにておわします。

~親鸞~

(10) いまから町へ出ていって、通りがかりの者でも、地下鉄の乗客でも誰でもよい。手当たり次第に千人殺してきなさい。

~親鸞~

(11) 親鸞もこの不審ありつるに、唯円房おなじこころにてありけり。

~親鸞~

(12) 賢者の信は、内は賢にして外は愚なり、愚禿(ぐとく)が心は、内は愚にして外は賢なり。

~親鸞~

(13) 一人居て喜ばば二人と思うべし。二人居て喜ばば三人と思うべし。

~親鸞~

(14) よろこぶべきこころをおさえて、よろこばせざるは、煩悩の所為なり。しかるに仏かねてしろしめして、煩悩具足の凡夫とおおせられたることなれば、他力の悲願は、かくのごときわれらがためなりけりとしられて、いよいよたのもしくおぼゆるなり。

~親鸞~

(15) 一人いて悲しい時は二人いると思え。二人いて悲しい時は三人いると思え。その一人は親鸞なり。

~親鸞~

(16) 我はほどなく浄土に帰るなり。この世に言いおくこと一言もなし。

~親鸞~

(17) 去るべき業縁のもよほせば、いかなるふるまひもすべし。

~親鸞~

(18) 善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや。

~親鸞~

(19)「如来」と申すは諸仏を申すなり。

~親鸞~

(20) ひとのいのちみじかくもろし。

~親鸞~

マザー テレサ   ナイチンゲール

チャップリン   マリリン モンロー

ナポレオン   コロンブス

福沢諭吉   坂本龍馬

西郷隆盛   高杉晋作

吉田松陰   勝海舟

上杉鷹山   織田信長

徳川家康   伊達政宗

武田信玄   上杉謙信

宮本武蔵   ガンジー

ブッダ   ヘレン ケラー

マリー アントワネット   瀬戸内寂聴

キング牧師   ジャンヌ ダルク

ゲーテ   シェイクスピア

アドラー   ピカソ

太宰治   芥川龍之介

夏目漱石   三島由紀夫

野口英世   手塚治虫

田中角栄   マッカーサー

リンカーン   チャーチル

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる