種田山頭火の名言・格言15選|心に響く言葉

種田山頭火のプロフィール

種田山頭火(たねだ さんとうか)
・1882年12月3日に生まれ、1940年10月11日に亡くなる。
・山口県生まれの自由律俳句の俳人。
・自由律俳句の代表として、同じ「層雲」の荻原井泉水門下の同人、尾崎放哉と並び称される。
Wikipedia

種田山頭火の名言・格言 15選

(1)「あきらめ」ということほど言い易くして行い難いことはない。

~種田山頭火~

(2) こんな良い月を一人で見て寝る。

~種田山頭火~

(3) この旅 果もない旅の つくつくぼうし

~種田山頭火~

(4) 無理をするな、素直であれ。すべてがこの語句に尽きる、この心構えさえ失わなければ、人は人として十分に生きてゆける。

~種田山頭火~

(5) 捨てきれない荷物のおもさまへうしろ。

~種田山頭火~

(6) けふもいちにち誰も来なかつたほうたる

~種田山頭火~

(7) おこるな しゃべるな むさぼるな ゆっくりあるけ しっかりあるけ

~種田山頭火~

(8) また見ることもない山が遠ざかる。

~種田山頭火~

(9) 大正十五年四月、解くすべもない惑ひを背負うて、行乞流転の旅に出た。

~種田山頭火~

(10) ほろほろほろびゆくわたくしの秋。

~種田山頭火~

(11) あるがまま雑草として芽をふく。

~種田山頭火~

(12) ああ酒、酒、酒、酒ゆえに生きても来たが、こんなものになった。酒は悪魔か仏か、毒か薬か。

~種田山頭火~

(13) どうしようもない私が歩いている。

~種田山頭火~

(14) 人生は奇跡ではない、軌跡である。

~種田山頭火~

(15) 一杯やりたい夕焼けの空

~種田山頭火~