ツルゲーネフの名言20選|心に響く言葉

目次

ツルゲーネフのプロフィール

イワン・ツルゲーネフ
・1818年11月9日に生まれ、1883年9月3日に亡くなる。
・フョードル・ドストエフスキー、レフ・トルストイと並んで、19世紀ロシア文学を代表する文豪である。
・ロシア帝国の貴族。
Wikipedia

ツルゲーネフの名言 20選

(1)「明日は、明日こそは」と、人は人生を慰める。この「明日」が、彼を墓場に送り込むその日まで。

~ツルゲーネフ~

(2)「明日」という言葉は、優柔不断な人々と子供のために考案された。

~ツルゲーネフ~

(3) 時の過ぎるのが早いか遅いか、それに気づくこともないような時期に、人はとりわけて幸福なのである。

~ツルゲーネフ~

(4) 人は何を祈るにしても、奇跡を祈るのである。祈りはことごとく次のように要約される。「偉大なる神よ、2の2倍が4にならないことをお聞き届けください」。

~ツルゲーネフ~

(5) 我われは泥にまみれて座っている。されど星を求めて手を伸ばす。

~ツルゲーネフ~

(6) 生活は冗談でもなければ、慰みでもない… それは義務という鎖をまとった苦しい労働なのだ。

~ツルゲーネフ~

(7) 私はだれの意見にも賛成したいと思わない。私は自分の意見を持っている。

~ツルゲーネフ~

(8) 愛は死よりも強く、死の恐怖よりも強い。愛によって人生は支えられ、ただ愛によってのみ進歩を続けるのだ。

~ツルゲーネフ~

(9) 幸せでありたいというのか。まず苦悩することを覚えよ。

~ツルゲーネフ~

(10) 乗りかけた船には、ためらわずに乗ってしまえ。

~ツルゲーネフ~

(11) 疲れた人は、しばし路傍の草に腰を下ろして、道行く人を眺めるがよい。人は決してそう遠くへは行くまい。

~ツルゲーネフ~

(12) 冷たいって君は言うがそこに味があるんだよ。君だってアイスクリームが好きだろう?

~ツルゲーネフ~

(13) 相手を愛する者だけが叱りつけて矯正する権利がある。

~ツルゲーネフ~

(14) 人間には不幸か、貧乏か、病気が必要だ。でないと人間はすぐに思いあがる。

~ツルゲーネフ~

(15) 目下の者たちに少しも気兼ねしない者にかぎって、目上の者にはひどく気兼ねするのだ。

~ツルゲーネフ~

(16) 自分の全生命を女の愛というカードに賭けた男が、このカードが殺された時、がっくりとなって何事も手につかないほど放心してしまうようなら、そんな人間は…男ではなく、ただのオスである。

~ツルゲーネフ~

(17) ある一人の人間のそばにいると、他の人間の存在などまったく問題でなくなることがある。それが恋というものである。

~ツルゲーネフ~

(18) 安らかならんと願うなら、交際するとも独りで生きよ。何事もくわだてず、一物たりとも惜しむな。

~ツルゲーネフ~

(19) 私のために夕食の支度をして待っていてくれる女性がどこかにいたら、私は才能のすべてを投げ捨てても悔いはない。

~ツルゲーネフ~

(20) 情熱家より、冷淡な男のほうが簡単に女に夢中になるものだ。

~ツルゲーネフ~

目次
閉じる