植村直己の名言30選|心に響く言葉

目次

植村直己のプロフィール

植村直己(うえむら なおみ)
・1941年2月12日に生まれ、1984年2月13日に亡くなる。
・兵庫県出身、登山家、冒険家。兵庫県出身。
・1970年、世界最高峰エベレストに日本人で初めて登頂した。
・同年、『世界初の五大陸最高峰登頂者』となる。
・1984年、冬期のマッキンリー(現・デナリ)に世界で初めて単独登頂した(この下山中に消息不明となった。)。
Wikipedia

植村直己の名言 30選

(1) 努力している人を笑うこと。 それは、何よりも最低な行為である。

~植村直己~

(2) 人の生きる本当の価値は、お金や肩書きなどではなく、夢を追い求め一瞬一瞬を精一杯生きることにあります。

~植村直己~

(3) 冒険とは、生きて帰ることなのである。

~植村直己~

(4) 君たちに僕の考えを話そう。僕らが子供の時、目に映る世界は新鮮で全てが新しかった。医者でも登山家でもやろうと思えば何でも出来た。しかし、年をとると疲れてくる。人々はあきらめ、みんな落ち着いてしまう。世界の美しさも見ようとしなくなってしまう。大部分の人が夢を失っていく。

~植村直己~

(5) 物資に恵まれている中では、人間本来のものは失われている。

~植村直己~

(6) みんな、それぞれが、何か新しいことをやる、それはすべて冒険だと、僕は思うんです。

~植村直己~

(7) 必ず壁はあるんです。それを乗り越えたとき、パッとまた新しい世界がある。だから厳しく自分を鞭打ってやってきたときは、振り返ってみたとき実にさわやかです。

~植村直己~

(8) 自分で危険に直面せず、他人に言われただけで中止するとはまったくいい訳にもならない。

~植村直己~

(9) 帰る場所は、やっぱり女房のもと。

~植村直己~

(10) 単独登山はグループ登山以上に危険である。安全のためザイルを結ぶ相手がいない。また、どんな事故が起こっても、助けを求めるべき相手がいない。あらゆる障害を自分ひとりで切りぬけなければならないのだ。

~植村直己~

(11) いつも前進があるだけだった。

~植村直己~

(12) 山は他人のために登るものではないと思う。誰からも左右されない、自分の意志ひとつで行動できる単独行であれば、それが人のためでなく自分のためであればあるだけ、すべてが自分にかえってくる。喜びも、危険も。

~植村直己~

(13) 私はきょうまで、ひとつひとつ強い決意のもとに全精神力を集中してやりぬいてきたのだ。必ずやりぬける自信がある。ただ、思うだけではない。南極横断に出発する前、体力をつけ、精神力のトレーニングにより、精神を強靭にすれば、道は必ず開けると私は思う。

~植村直己~

(14) いいかい、君たちはやろうと思えば何でもできる。僕と別れた後もその事を思い出してほしい。やろうと思えば何でもできるんだ。

~植村直己~

(15) 始まるのを待ってはいけない。 自分で何かやるからこそ何かが起こるのだ。

~植村直己~

(16) 旅の出発には、いつもどこから湧いてくるかわからぬ不安感が心のなかに生れ、私を苦しめた。いまも、またそうなのだ。闘志をかきたて全身をひきしめているつもりなのに、漠然とした不安がときおり心を横切る。そして、これをふり払うには、実際に行動を起こすほかないことを、私は知っている。

~植村直己~

(17) 英語ができないフランス語が出来ないなどと言っていたら、一生外国など行けないのだ。男は、一度は体を張って冒険をやるべきだ。

~植村直己~

(18) 決心したからにはたとえ座礁するとわかっていても、神風特攻隊のように、出撃あるのみだ。

~植村直己~

(19) いくら私が冒険が好きだからといっても、経験と技術もなくて、また生還の可能性もない冒険に挑むことは、それは冒険でも、勇敢でもないのだ。無謀というべきものなのだ。それがどんなに素晴らしい挑戦であったにしても、生命を犠牲にしては意味がない。

~植村直己~

(20) 冒険とは、死を覚悟して、そして生きて帰ることである。

~植村直己~

(21) 全力投球で自分のやりたい事をやることは楽しいことである。

~植村直己~

(22) 不安な時は小さなことでもいい、今できる行動を起こすこと。

~植村直己~

(23) カメラより山頂の石をみんなに見せた方がいい。

~植村直己~

(24) 僕はとても臆病なんですよ。高所恐怖症なんで、高いところでは足が震えます。

~植村直己~

(25) いや、オレはなんとしてでもやらねばならないのだ。単独登攀はいつの場合にも危険なのはわかっている。それを承知の上でやっているのだから、自分で危険に直面もせず、他人にいわれただけで中止するとはまったくいい訳にもならない。

~植村直己~

(26) 何が何でもマッキンリー登るぞ。

~植村直己~

(27) 私は先へ進まなければならない。憂鬱でも気が重くても、それが私の運命のようなものなのだから、勇気をふるい起こして、先へ進まなければならない。

~植村直己~

(28) 私はモン・ブラン、キリマンジャロ、アコンカグアとひとりで登り続け、そして一九七〇年の春、単独ではなかったが、アジアのエベレスト、さらにまたひとりでいま世界の五大陸の最後の山、北米のマッキンリー登頂にも成功することができたのだ。

~植村直己~

(29) これまでの私の山を舞台にした自然との苦闘と違い、アマゾンへの挑戦には、恐ろしい中にも別なスリルの味わいがあった。つね日ごろ宗教心などひとかけらもない私がとにかく真剣に神に祈ったのだから不思議なものだ。しかし自分の力で切りぬけられるときには、祈るよりは立ち向かうべきことを学んだ。

~植村直己~

(30) 困難のすえにやりぬいたひとつ、ひとつは、確かに、ついきのうのできごとのように忘れることのできない思い出であり、私の生涯の糧である。しかし、いままでやってきたすべてを土台にして、さらに新しいことをやってみたいのだ。若い時代は二度とやってこない。

~植村直己~

目次
閉じる