ヴィクトル・ユーゴーの名言・格言30選|心に響く言葉

ヴィクトル・ユーゴーのプロフィール

ヴィクトル・ユーゴー
・1802年2月26日に生まれ、1885年5月22日に亡くなる。
・フランス・ロマン主義の詩人、小説家。
・七月王政時代からフランス第二共和政時代の政治家。
・『レ・ミゼラブル』の著者として著名。
・1959年から1965年まで発行されていた5フラン紙幣に肖像画が採用されていた。
Wikipedia

ヴィクトル・ユーゴーの名言・格言 30選

(1) 女は弱し されど母は強し。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(2) 力が足りないのではない、意志が足りないのだ。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(3) 海よりも広いものがある。それは空だ。空よりも広いものがある。それは人の心だ。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(4) 海よりも雄大な光景がある。それは天だ。天よりも雄大な光景がある。それは良心だ。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(5) 思慮は理性の労働であり、空想はその愉しみである。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(6) 勇気ある者たちは、全財産を失ったとしても、勇気そのものは決して失わない。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(7) 荒々しく毒ずいた言葉は、その根拠の弱さを物語っている。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(8) 未来にはいくつかの名前がある。意志薄弱な者はそれを不可能と呼び、臆病者は未知と呼ぶ。しかし勇敢な者はそれを理想と呼ぶ。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(9) 哲学は思考の顕微鏡である。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(10) 人間は鎖をひきずってあるくためにではなく、翼をひろげて天翔るためにつくられているのです。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(11) 四十歳は青年の老年期であり、五十歳は老年の青年期である。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(12) 笑い声は太陽。人々の表情から冬を追い払ってくれる。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(13) 愛が無くても与えることはできるが、与えること無しに愛することはできない。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(14) 不幸に陥らない秘訣は、人を愛して、働くことである。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(15) 人生は愛という蜜をもつ花である。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(16) 大きな悲しみには勇気をもって立ち向かい、小さな悲しみには忍耐をもって立ち向かえ。苦労して一日の仕事を終えたら安らかに眠れ。あとは神が守ってくださる。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(17) 苦しみがある程度度を越すと、人間は二種類の精神的無関心に襲われる。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(18) シワとともに品位が備わると敬愛される。幸せな老年にはいいしれない黎明。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(19) 極端な無邪気さは極端な嬌態に近い。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(20) 人間の精神は三つの鍵によって開かれる。それは数と文字と楽譜である。知識と思考と夢の全てがここにある。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(21) 私は貴族趣味であるが、行動は民主的である。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(22) もし新聞がなかったら、フランス革命は起こらなかっただろう。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(23) 喜びとは、苦悩の大木に実る果実である。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(24) 不運は人物を作り、幸運は怪物を作る。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(25) 私は宗教に対しては宗教を持っている。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(26) 計画もなく、時間の使い方がただ成り行き任せにされていると、たちまち混乱と無秩序の支配するところになる。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(27) 愛しすぎるということがないのと同様に、祈りすぎるということはない。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(28) 労働は生命なり、思想なり、光明なり。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(29) 人間は一つの暴君を持っているというのです。すなわち無知を指すのです。私はその暴君の終滅に賛成しました。その暴君は王位を生んだ。王位は虚偽のうちに得られた権力です。しかるに学問は真実のうちに取られた権力です。人はただ学問によって支配さるべきです。

~ヴィクトル・ユーゴー~

(30) 革命の意味を知りたければ、それを進歩と呼べ 進歩の意味を知りたければ、それを明日と呼べ。

~ヴィクトル・ユーゴー~