ワーズワースの名言20選|心に響く言葉

目次

ワーズワースのプロフィール

ウィリアム・ワーズワース
・1770年4月7日に生まれ、1850年4月23日に亡くなる。
・イギリスの代表的なロマン派詩人である。
・湖水地方をこよなく愛し、純朴であると共に情熱を秘めた自然讃美の詩を書いた。
・同じくロマン派の詩人であるサミュエル・テイラー・コールリッジは親友で、最初の作品集はコールリッジとの共著であった。
・多くの英国ロマン主義詩人が夭折したのに対し、彼は長命で、1843年に73歳で桂冠詩人となり、1850年に亡くなった。
Wikipedia

ワーズワースの名言 20選

(1) 人の一生における最善のもの、それは、誰の目にも触れない、誰の記憶にも残らない、愛と思いやりのこもった、ささやかな行為。

~ワーズワース~

(2) 生活は質素に、志は高く。

~ワーズワース~

(3) 深い悩みによって、私の魂は人間性を与えられたのである。

~ワーズワース~

(4) 自然は、それを愛する者を決して裏切らない。

~ワーズワース~

(5) 始めるために、始めなさい。

~ワーズワース~

(6) 自分の愛に値する相手かどうか、考える前に愛せよ。

~ワーズワース~

(7) 正しいこと一つをするのは、間違い一つをした言い訳より、時間がかからない。

~ワーズワース~

(8) 子どもは大人の父である。

~ワーズワース~

(9) 慌ただしい世界によってあまりに長い間自分の良い面から隔てられ、世界の出来事に飽き飽きし、世界の悦びにもうんざりしているとき、孤独はなんと優雅で、なんと慈悲深いことか。

~ワーズワース~

(10) 習慣は、浅はかな人々を支配する。

~ワーズワース~

(11) 決心によって正しくあるのではなく、習慣によって正しくし、正しいことでなくては、やれないようにしていかなければならない。

~ワーズワース~

(12) 生活は簡素に、思索は複雑に。

~ワーズワース~

(13) 私の書斎は戸外である。

~ワーズワース~

(14) 間違いをした言い訳をするより、正しいことを一つする方が、時間はかからない。

~ワーズワース~

(15) 言葉。それは魂の響きである。

~ワーズワース~

(16) 恋の奇しき発作をわれは知りぬ。恋しる人の耳にのみ、それが起りしありさまを、ありのままにぞ告げまほし。

~ワーズワース~

(17) 我ら、この地上にありて生きる限り、歓びより歓びへと導くは自然の恩恵なり。

~ワーズワース~

(18) 世の中は我々のような人間でいっぱいだ。金を手に入れては使うことで、力を無駄遣いする。

~ワーズワース~

(19) 苦しみは永劫にしてはかりがたく、暗く、無限の相を持つ。

~ワーズワース~

(20) 未来に向かって大いなる展望を与えてくれるような高所に立っていれば、時折の激しい風などは、一向に気にならないものだ。

~ワーズワース~

目次
閉じる