アルベルト・シュヴァイツァーの名言・格言30選|心に響く言葉

アルベルト・シュヴァイツァーのプロフィール

アルベルト・シュヴァイツァー
・1875年1月14日に生まれ,1965年9月4日に亡くなる
・ドイツ出身のアルザス人で、ドイツ系の神学者・哲学者・医者・オルガニスト・音楽学者
・20世紀のヒューマニストとして知られている人物である
・30歳の時、医療と伝道に生きることを志し、アフリカの赤道直下の国ガボンのランバレネにおいて、当地の住民への医療などに生涯を捧げたとされている
・哲学でも業績を残し、「生命への畏敬」の概念で世界平和にも貢献した。「密林の聖者」と呼ばれている。また、音楽にも精通し、バッハ研究でも有名である
Wikipedia

アルベルト・シュヴァイツァーの名言・格言 30選

(1) 本当に幸福になれる者は、人に奉仕する道を探し求め、ついにそれを見出した者。これが私の確信である

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(2) 哲学の目的は、我々考える人が、宇宙とどのような内面関係にあるか。そして、それに応じてどのように活動すべきか。それを理解させることにある

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(3) 先を見なければ人間は自然破壊に行き着く

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(4) 人類皆兄弟

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(5) 自分自身との戦いと、自分自身に誠実であることが、他人に働きかける手段である

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(6) 自らの将来を意図的に作れ

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(7) 死は自然な現象である。黒人患者は、死を恐れず、死に立ち向かう

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(8) 互いに知るということは、相手を何でもかんでも知り尽くすことではなく、愛と理解によって互いに信じあうということである

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(9) 毎日誰かのために何かをしなさい。見返りを求めずに

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(10) 人生の惨めさから抜け出す慰めは2つある。音楽と猫だ

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(11) 物事に関心がなくなり、真面目さや憧れ、情熱、熱意などを失いかけていることに少しでも気付いたら、病気の前触れだと考えなければならない。表面的に流されている生活に魂が苦しんでいると気付かなくてはならない

~アルベルト・シュヴァイツァー~

812) 自分が何か大切なことを成し遂げたいと考えているなら、他人が障害を取り除いてくれることを期待してはいけない

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(13) 精神は行動にならなければなりません

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(14) 時々、私たち自身の光が消えた時、他の人の火花によって、元気になることがあります。私たちは自分の心に火を灯してくれた人々に深く感謝したいものです

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(15) われわれは何かを得ることによって生活しているが、人生は与えることによって豊かになる

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(16) 人のために生きる時、人生はより困難になる。しかし、より豊かで幸せにもなれる

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(17) 成功の最大の秘訣は、他人や状況に振り回されない人間になることだ

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(18) 力のある者は決して騒がない。力のある者ほど無言のまま働きかける。真の道徳は言葉の終わったところから始まる

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(19) 自分の苦悩をまぬがれた者は、他人の苦悩を軽くしてやる責務を感じなければならない

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(20) 人間が本当に道徳的であるということは、自分が助力することのできるあらゆる生命を助け、どんな生命をも傷つけまいと熱望する、その熱望に従う場合だけである

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(21) この世に美しいものなどもはやない、などと言ってはいけない。木の形や葉のざわめきにも、あなたをワクワクさせるものが必ずあるものだ

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(22) すべての患者は、自分の中に医者を持っている

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(23) 認められるまでは嘲笑される。これは真理の常である

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(24) 人を動かすには模範を示すことが大切だ。というより、それしかない

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(25) 楽観主義者は、どこでも青信号を見る人のこと。悲観主義者とは、赤信号しか見えない人のこと。本当に賢い人は色盲です

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(26) 人生において多くの美しいものを手に入れた者は、その代わりにやはり多くのものを提供しなければならない

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(27) 誰の人生にも、あるとき、内なる炎が消えることがある。そして、それが別の人間との出会いによって燃え上がる。私たちは皆、精神をよみがえらせてくれる人々に感謝すべきである

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(28) 逆境が人を育てるのではない。逆境でも順境でも、その環境の下でどう考えたか、どう行動したかが人生を決める

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(29) 生命を肯定することは、単純に生きながらえることではなく、生命を神秘なものとし、価値あるものと感じるということ

~アルベルト・シュヴァイツァー~

(30) まず考え、それから行動せよ

~アルベルト・シュヴァイツァー~