ヴォルテールの名言・格言30選|心に響く言葉

ヴォルテールのプロフィール

ヴォルテール
・1694年11月21日に生まれ,1778年5月30日に亡くなる
・フランスの哲学者、文学者、歴史家
・歴史的には、イギリスの哲学者であるジョン・ロックなどとともに啓蒙主義を代表する人物とされる
・ドゥニ・ディドロやジャン・ル・ロン・ダランベールなどとともに百科全書派の学者の一人として活躍
Wikipedia

ヴォルテールの名言・格言 30選

(1) 医者とは、ほとんど知識を持っていない薬を処方し、さらに少ない知識しか持っていない病気を治療し、全然知識を持っていない人間を健康にしようとする者のことである

~ヴォルテール~

(2) ろくに知りもせぬ怪しげな薬を、なおさら知りもせぬ人の体内に注ぐのが、医者である

~ヴォルテール~

(3) 寛容とは何か。それは人間愛の所有である。我々はすべて弱さと過ちから作られているのだ。我々の愚かさを許し合おう。これが自然の第一の掟である

~ヴォルテール~

(4) 優れた人が賞賛されるのは、優れた行為のためだ

~ヴォルテール~

(5)慎重な人は自分のために良いことをなし、徳のある人は人のために良いことをなす

~ヴォルテール~

(6) 一国は他国の滅亡なしには勝ちえないし、不幸な人々を生ぜしめないでは征服しえない。それゆえ、自国の強大を願うことは、隣国の不幸を願うことである

~ヴォルテール~

(7) 船が入港するまで待つな。船に向かって泳げ

~ヴォルテール~

(8) 考えに考え抜けば解決できない問題はない

~ヴォルテール~

(9) 有益な書物とは、読者に補足を要求せずにはおかぬような書物のことである

~ヴォルテール~

(10) 勤勉は、退屈、不品行、貧窮の三悪を寄せつけず

~ヴォルテール~

(11) 身なりが顔つきや風俗を変える

~ヴォルテール~

(12) 教育は、さまざまな能力を伸ばしはするが、つくり出しはしない

~ヴォルテール~

(13) 自分のことを賢明と考えている人間は、まことにとんでもない馬鹿者である

~ヴォルテール~

(14) 偏見は判断を持たない意見である

~ヴォルテール~

(15) 民衆が議論し始めると、すべてのものが失われる

~ヴォルテール~

(16) 友情は魂の結びつきである

~ヴォルテール~

(17) 仕事は、倦怠、悪徳、欲の三大悪から我々を遠ざける

~ヴォルテール~

(18) あらゆる宗教のうちでキリスト教は、疑いもなく最も寛容を教えたはずの宗教である。しかし、現在までのところ、キリスト教徒はすべての人間の内で最も不寛容な人たちであった

~ヴォルテール~

(19) どんな人も他人の経験によって学び取るほど利口ではない

~ヴォルテール~

(20) 休息はよいことであるが、倦怠はその兄弟である

~ヴォルテール~

(21) 絶望した側が戦いに勝つことがよくある

~ヴォルテール~

(22) 一般常識は決してそれほど一般的ではない

~ヴォルテール~

(23) 立派にやり遂げたことに対する最大の報酬は、それをやり遂げたことそのものにある

~ヴォルテール~

(24) 君の意見に賛成できないが、君が意見を述べる権利は死んでも守る

~ヴォルテール~

(25) 常識は、誰でも知っているありふれたものではない

~ヴォルテール~

(26) 独創力とは、思慮深い模倣以外の何ものでもない

~ヴォルテール~

(27) 幸福は夢にすぎず、苦痛は現実である

~ヴォルテール~

(28) 人は誰でも、人生が自分に配ったカードを受け入れなくてはならない。しかし、一旦カードを手にしたら、それをどのように使ってゲームに勝つかは、各自が一人で決めることだ

~ヴォルテール~

(29) 私はあなたの意見には反対だ。だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る

~ヴォルテール~

(30) 現在から、未来は生まれ落ちる

~ヴォルテール~