ハムレットの名言15選|心に響く言葉

目次

ハムレットの情報

ハムレット(はむれっと)
・シェイクスピア作の悲劇。
・5幕から成り、1600年から1602年頃に書かれたと推定される。
・正式題名は「デンマークの王子ハムレットの悲劇」。
Wikipedia

ハムレットの名言15選

(1) 人の思いは所詮、記憶の奴隷。

~ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』~

(2) 喜怒哀楽のはげしさは、その感情とともに実行力までも滅ぼす。悦びにふける者は、悲しみにもふけるが習い。ともすれば、悲しみが悦び、悦びが悲しむ。

~ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』~

(3) 簡潔こそが英知の真髄である。

~ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』~

(4) 金を貸すと、金も友だちもなくしてしまう。金を借りると、倹約の心がにぶってしまう。

~ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』~

(5) この世の関節がはずれている。何てことだ、私はそれをはめ直すために生まれてきたとは。

~ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』~

(6) われらはいかにあるかを知るも、われらがいかになるかを知らず。

~ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』~

(7) 酷であっても、親子の情愛を忘れてはならぬ。刃のような言葉を浴びせても、傷つけてはならぬ。

~ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』~

(8) 習慣という怪物は、どのような悪事にもたちまち人を無感覚にさせてしまう。

~ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』~

(9) 気をつけろ、けんかには。だが、いったん巻き込まれたら、相手がお前を警戒するようになるまでやれ。

~ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』~

(10) 青春はとかく己に謀反したがるもの、そばに誘惑する人がいなくとも。

~ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』~

(11) 志は記憶の奴隷にすぎない。勢いよく誕生するが、成長しにくい。

~ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』~

(12) 弱き心には、同じ言葉も強くひびく。

~ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』~

(13) 大衆というやつは、理性で判断するということを知らない。ただ目に見えるところだけで好悪を決めるのだ。

~ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』~

(14) 生か、死か、それが疑問だ、どちらが男らしい生きかたか。

~ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』~

(15) 腹に思うても、口にはださぬこと。突飛な考えは実行にうすさむこと

~ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』~

マザー テレサ   ナイチンゲール

チャップリン   マリリン モンロー

ナポレオン   コロンブス

福沢諭吉   坂本龍馬

西郷隆盛   高杉晋作

吉田松陰   勝海舟

上杉鷹山   織田信長

徳川家康   伊達政宗

武田信玄   上杉謙信

宮本武蔵   ガンジー

ブッダ   ヘレン ケラー

マリー アントワネット   瀬戸内寂聴

キング牧師   ジャンヌ ダルク

ゲーテ   シェイクスピア

アドラー   ピカソ

太宰治   芥川龍之介

夏目漱石   三島由紀夫

野口英世   手塚治虫

田中角栄   マッカーサー

リンカーン   チャーチル

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる