車輪の下の名言7選|心に響く言葉

目次

車輪の下の情報

車輪の下しゃりんのした)
・ヘルマン・ヘッセの長編小説。1905年に発表された。
・周囲の人々からの期待を一身に背負い、その軋轢の中で心を踏み潰されていく少年の姿を描く自伝的長編小説。
・日本では、ヘッセの作中で最も有名な作品の一つである。
Wikipedia

車輪の下の名言7選

(1) 人間は一人一人なんと違うことだろう、そして育つ環境や境遇もなんとさまざまなことだろう!政府は自らが保護する学生たちのそうした違いを公平かつ徹底的に、一種の精神的なユニフォームやお仕着せによって平均化してしまうのである。

~ヘルマン・ヘッセ『車輪の下』~

(2) そこでは成績や試験や成功などは問題ではなく、心が清らかであるか汚れているかですべてが測られるのだ。

~ヘルマン・ヘッセ『車輪の下』~

(3) きみはこれらの勉強が好きでもないし自発的にやっているわけでもない。そうじゃなくて先生や両親が怖いだけなんだ。一番や二番になったからってそれがどうなる? ぼくは二十番だったけど、ガリ勉のきみたちよりバカというわけじゃないよ。

~ヘルマン・ヘッセ『車輪の下』~

(4) どうして彼は、もっとも感じやすく危うい少年時代に、毎日毎日夜遅くまで勉強しなければばらなかったのだろうか?どうして人々は彼からウサギを取り上げ、ラテン語学校の同級生を意図的に遠ざけ、釣りや散歩を禁じ、子どもを疲労困憊させるようなみすぼらしい虚栄心から来る、空っぽでちっぽけな理想を植え込んだのだろう?どうして試験の後でさえ、ちゃんともらえるはずの休暇を与えてやらなかったのだろう?

~ヘルマン・ヘッセ『車輪の下』~

(5) きみはどんな勉強でも好きですすんでやっているのじゃない。ただ先生やおやじがこわいからだ。

~ヘルマン・ヘッセ『車輪の下』~

(6) あすこに行く連中も、あの子をこういうはめに落とす手伝いをしたんじゃ。

~ヘルマン・ヘッセ『車輪の下』~

(7) 疲れきってしまわないようにすることだね。そうでないと、車輪のしたじきになるからね。

~ヘルマン・ヘッセ『車輪の下』~

マザー テレサ   ナイチンゲール

チャップリン   マリリン モンロー

ナポレオン   コロンブス

福沢諭吉   坂本龍馬

西郷隆盛   高杉晋作

吉田松陰   勝海舟

上杉鷹山   織田信長

徳川家康   伊達政宗

武田信玄   上杉謙信

宮本武蔵   ガンジー

ブッダ   ヘレン ケラー

マリー アントワネット   瀬戸内寂聴

キング牧師   ジャンヌ ダルク

ゲーテ   シェイクスピア

アドラー   ピカソ

太宰治   芥川龍之介

夏目漱石   三島由紀夫

野口英世   手塚治虫

田中角栄   マッカーサー

リンカーン   チャーチル

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる