ベルトルト・ブレヒトの名言18選|心に響く言葉

目次

ベルトルト・ブレヒトのプロフィール

ベルトルト・ブレヒト(べるとると・ぶれひと)
・ドイツの劇作家、詩人、演出家。
・ミュンヘン大学時代より文学活動を始め、1922年に上演された『夜うつ太鼓』で一躍脚光を浴びる。
・ブレヒトは政治やマルクス主義との関わりから、役への感情移入を基礎とする従来の演劇を否定し、出来事を客観的・批判的に見ることを観客に促す「叙事的演劇」を提唱した。その方法として、見慣れたものに対して奇異の念を抱かせる「異化効果」を始めとするさまざまな演劇理論を生み出し、戦後の演劇界に大きな影響力を与えた。
Wikipedia

ベルトルト・ブレヒトの名言18選

(1) 愛というものは、また、新鮮な間はおいしいが、だんだんと甘い汁がなくなってしまって、苦い味がしだしてくると、つい吐き出してしまわなければならない、ココやしの実のようなものである

~ ベルトルト・ブレヒト ~

(2) あの人(カエサル)は、カネに飢えていたのではない。他人のカネを自分のカネにしてしまうつもりもなかった。ただ単に、他人のカネと自分のカネを区別しなかっただけなのだ

~ ベルトルト・ブレヒト ~

(3) 私は科学の唯一の目的は、人間の存在条件の辛さを軽くすることにあると思うのだ

~ ベルトルト・ブレヒト ~

(4) 僕たちの上には美しい夏空にいっぺんの雲が浮かんでいた それを僕は長い間眺めた 雲は真っ白で、恐ろしく高く また見上げたときには、もうそれはどこにもなかった

~ ベルトルト・ブレヒト ~

(5) 平和という奴は自堕落で、戦争になって初めてしゃんとなる

~ ベルトルト・ブレヒト ~

(6) 人生は短く、金は少ない

~ ベルトルト・ブレヒト ~

(7) 科学の目的は、無限の英知への扉を開くことではなく、無限の誤謬(ごびゅう)にひとつの終止符を打ってゆくことだ

~ ベルトルト・ブレヒト ~

(8) 英雄のいない国は不幸だが、英雄を必要とする国はもっと不幸だ

~ ベルトルト・ブレヒト ~

(9) 真理というものは、それを理解できる人だけにしか言ってはいけない

~ ベルトルト・ブレヒト ~

(10) 原則は、破られることによって生命を保つ

~ ベルトルト・ブレヒト ~

(11) 信用というものは求められすぎると種切れになってしまうものですよ

~ ベルトルト・ブレヒト ~

(12) 真理を知らない者はただの馬鹿者です。だが、真理を知っていてそれを虚偽という者は犯罪人だ

~ ベルトルト・ブレヒト ~

(13) もし何かを求めるなら、それを手に入れるために、すべてを賭ける勇気を持ちなさい

~ ベルトルト・ブレヒト ~

(14) 英雄のいない時代は不幸だが、英雄を必要とする時代はもっと不幸だ

~ ベルトルト・ブレヒト ~

(15) 名言のない時代は不幸だが、名言を必要とする時代はもっと不幸だ

~ ベルトルト・ブレヒト ~

(16) 自分の限界を認めることで、はじめてその限界を超えることができる

~ ベルトルト・ブレヒト ~

(17) まず食うこと。それから道徳

~ ベルトルト・ブレヒト ~

(18) 死はそれほど恐れることではない。むしろ不十分な生き方を恐れなさい

~ ベルトルト・ブレヒト ~

マザー テレサ   ナイチンゲール

チャップリン   マリリン モンロー

ナポレオン   コロンブス

福沢諭吉   坂本龍馬

西郷隆盛   高杉晋作

吉田松陰   勝海舟

上杉鷹山   織田信長

徳川家康   伊達政宗

武田信玄   上杉謙信

宮本武蔵   ガンジー

ブッダ   ヘレン ケラー

マリー アントワネット   瀬戸内寂聴

キング牧師   ジャンヌ ダルク

ゲーテ   シェイクスピア

アドラー   ピカソ

太宰治   芥川龍之介

夏目漱石   三島由紀夫

野口英世   手塚治虫

田中角栄   マッカーサー

リンカーン   チャーチル

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる