サマセット・モームの名言30選|心に響く言葉

目次

サマセット・モームのプロフィール

サマセット・モーム
・1874年1月25日に生まれ、1965年12月16日に亡くなる。
・イギリスの小説家、劇作家。
・1919年に『月と六ペンス』で注目され、人気作家となった。
・平明な文体と物語り展開の妙で、最良の意味での通俗作家として名を成した。
Wikipedia

サマセット・モームの名言 30選

(1) 詩は文学の王である。

~サマセット・モーム~

(2) 恋の悲劇は、無関心である。

~サマセット・モーム~

(3) 最も永く続く愛とは、決して報われぬ愛のこと。

~サマセット・モーム~

(4) イギリスでよい食事をしようと思うなら、朝食を三度とればいい。

~サマセット・モーム~

(5) なぜ、美人はいつもつまらない男と結婚するんだろう?賢い男は美人と結婚しないからさ。

~サマセット・モーム~

(6) 人生の秘訣とは、自分でそれを見つけないと意味がないのだ。

~サマセット・モーム~

(7) 愛とは、お互いに相手を知らない男女の間に発生するものである。

~サマセット・モーム~

(8) 人生の最大の悲劇は死んでしまうことではなく、愛することを止めてしまうことだ。

~サマセット・モーム~

(9) 私が確信できることがたった一つある。それは確信できることはほとんどないということだ。

~サマセット・モーム~

(10) 大事なことは、愛されることよりも愛することだった。

~サマセット・モーム~

(11)「青春がすばらしい」というのは幻想である。青春を失った人達の幻想である。

~サマセット・モーム~

(12) 小説を書くためのルールは三つある。残念なことに、誰もそれを知らない。

~サマセット・モーム~

(13) 偉大な芸術は、道徳的要素なしには存在しえない。

~サマセット・モーム~

(14) この世の不幸は、良い習慣をあきらめるほうが、悪い習慣をあきらめるよりも、ずっと簡単だということにある。

~サマセット・モーム~

(15) どうやら美というものも、幸福や発明と同様、計画的に追求されない時の方が獲得しやすいようである。

~サマセット・モーム~

(16) 人生とはおかしなものだ。最高のものしか受け付けずにいると最高のものを得られる場合が多い。

~サマセット・モーム~

(17) この世には、愛する人と愛される自分になろうとする人がいる。

~サマセット・モーム~

(18) ユーモアのセンスを持っていると、人間性の矛盾を楽しむようになる。

~サマセット・モーム~

(19) 私はいつも人々に興味を持ってきたが、彼らを好きになったためしはない。

~サマセット・モーム~

(20) 人は批評してくれというが、称賛を欲しているだけである。

~サマセット・モーム~

(21) 金だけが人生ではない。が、金が無い人生もまた人生とは言えない。十分な金が無ければ、人生の可能性のうち半分は締め出されてしまう。

~サマセット・モーム~

(22) 結婚生活はとてもよいものだ。しかしそれを習慣にしてしまうのは誤りだと思う。

~サマセット・モーム~

(23) 生きるための唯一の方法は、自分がいつか死ぬことを忘れることだ。

~サマセット・モーム~

(24) 芸術家の最大の敵は自己懐疑だ。

~サマセット・モーム~

(25) 金は第六感のようなものだ。これがないと、他の五感も十分に機能しない。

~サマセット・モーム~

(26) 我々は、その長所よりも欠点によって友を知るのだ。

~サマセット・モーム~

(27) 女はいつも、機会さえあれば、自分を犠牲に捧げたがる。あれは自己陶酔の一形式であり、しかも女たちのお好みの形式なのだ。

~サマセット・モーム~

(28) 人の言葉を引用する能力は機知のなさを補うのに役立つ。

~サマセット・モーム~

(29) 愛と芸術を求めるには人生は短すぎる。

~サマセット・モーム~

(30) 人生とは、切符を買って軌道の上を走る車に乗る人には分からないものである。

~サマセット・モーム~

目次
閉じる