ハンナ・アーレントの名言10選|心に響く言葉

目次

ハンナ・アーレントのプロフィール

ハンナ・アーレントはんな・あーれんと)
・ドイツ出身の哲学者、思想家である。
・ユダヤ人であり、ナチズムが台頭したドイツから、アメリカ合衆国に亡命した。
・のちに教鞭をふるい、主に政治哲学の分野で活躍し、全体主義を生みだす大衆社会の分析で知られる。
Wikipedia

ハンナ・アーレントの名言10選

(1) 考えるとは注意深く直面し、抵抗すること。

~ハンナ・アーレント~

(2) 今世紀に現れた悪は予想以上に根源的なものでした。今ならわかります。根源悪とは、わかりやすい動機による悪とは違います。利己心による悪ではなく人間を無用の存在にしてしまうことです。

~ハンナ・アーレント~

(3) 世界最大の悪は、ごく平凡な人間が行う悪です。そんな人には動機もなく、信念も邪心も悪魔的な意図もない。人間であることを拒絶した者なのです。そして、この現象を、私は”悪の凡庸さ”と名付けました。

~ハンナ・アーレント~

(4) 考えるのを止めたら、人間じゃなくなる

~ハンナ・アーレント~

(5) 私が望むのは、考えることで人間が強くなることです。危機的状態にあっても、考え抜くことで破滅に至らぬよう。

~ハンナ・アーレント~

(6) 組織というのは常に政治的である。組織する場合、人びとは活動しようとして権力を得ようとするからである。

~ハンナ・アーレント~

(7) 差異を表明し、他と自分を区別することができるのは人間だけである。人間だけが、渇き、餓え、愛情、敵意、恐怖などのようなものを伝達できるだけでなく、自分自身をも伝達できるのである。

~ハンナ・アーレント~

(8) 寛大さは行動と自由への鍵である

~ハンナ・アーレント~

(9) 私が望むのは、考えることで人間が強くなることです。危機的状態にあっても、考え抜くことで破滅に至らぬよう。

~ハンナ・アーレント~

(10) リアリティとは、『ナチは私たち自身のように人間である』ということだ。つまり悪夢は、人間が何をなすことができるかということを、彼らが疑いなく証明したということである。言いかえれば、悪の問題はヨーロッパの戦後の知的生活の根本問題となるだろう。

~ハンナ・アーレント~

マザー テレサ   ナイチンゲール

チャップリン   マリリン モンロー

ナポレオン   コロンブス

福沢諭吉   坂本龍馬

西郷隆盛   高杉晋作

吉田松陰   勝海舟

上杉鷹山   織田信長

徳川家康   伊達政宗

武田信玄   上杉謙信

宮本武蔵   ガンジー

ブッダ   ヘレン ケラー

マリー アントワネット   瀬戸内寂聴

キング牧師   ジャンヌ ダルク

ゲーテ   シェイクスピア

アドラー   ピカソ

太宰治   芥川龍之介

夏目漱石   三島由紀夫

野口英世   手塚治虫

田中角栄   マッカーサー

リンカーン   チャーチル

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる