ヒポクラテスの名言15選|心に響く言葉

ヒポクラテスのプロフィール

ヒポクラテス
・紀元前460年頃に生まれ、紀元前370年頃に亡くなる。
・古代ギリシアの医者。
・医学を原始的な迷信や呪術から切り離し、臨床と観察を重んじる経験科学へと発展させた。
・さらに医師の倫理性と客観性について『誓い』と題した文章が全集に収められ、現在でも『ヒポクラテスの誓い』として受け継がれている。
Wikipedia

ヒポクラテスの名言 15選

(1) 人は身体の中に100人の名医を持っている。その100人の名医とは自然治癒力。

~ヒポクラテス~

(2) 理由もなしに疲労するのは病気を意味する。

~ヒポクラテス~

(3) 歩くと頭が軽くなる。

~ヒポクラテス~

(4) 心に起きることはすべて体に影響し、体に起きることもまた心に影響する。

~ヒポクラテス~

(5) 睡眠も不眠も度を越せば共に悪いしるしである。

~ヒポクラテス~

(6) 生命を維持するに役立つものは、我々を病にもする。

~ヒポクラテス~

(7) 人は自然から遠ざかるほど病気になる。

~ヒポクラテス~

(8) 浄化されていない身体は、栄養を摂れば摂るほど侵される。

~ヒポクラテス~

(9) 幸運は大胆な人たちに笑いかける。

~ヒポクラテス~

(10) 汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ。

~ヒポクラテス~

(11) 飽食も絶食もその他のものも、自然の度を過ぎれば良いことはない。

~ヒポクラテス~

(12) 病を治すのは医師ではなく身体である。

~ヒポクラテス~

(13) 歩くことは人間にとって最良の薬である。

~ヒポクラテス~

(14) 私たちの内にある自然治癒力こそ、真に病を治すものである。

~ヒポクラテス~

(15) 人生は思考するものにとっては喜劇であり、感情に流されるものにとっては悲劇である。

~ヒポクラテス~