一休宗純(一休さん)の名言30選|心に響く言葉

目次

一休宗純(一休さん)の情報

一休宗純いっきゅうそうじゅん)
・室町時代の臨済宗大徳寺派の僧、詩人。
・出生地は京都で、出自は後小松天皇の落胤と伝えられている。
・母親の出自は不詳だが、皇胤説に沿えば後小松天皇の官女で、その父親は楠木正成の孫と称する楠木正澄と伝えられ、三ツ島(現・大阪府門真市)に隠れ住んでいたという伝承があり、三ツ島に母親のものと言われる墓が現存する。
Wikipedia

一休宗純の(一休さん)名言30選

(1) 夫れ人間あり様 万事とどまる事なし もとより生のはじめを知らざれば 死の終をわきまへず

~一休宗純~

(2) 女をば 法の御蔵と 云うぞ実に 釈迦も達磨も ひょいひょいと生む

~一休宗純~

(3) 有露地より無露地へかえる一休み 風吹けば吹け 雨降らば降れ

~一休宗純~

(4) 借り置きし 五つのものを 四つ返し 本来空(くう)に 今ぞもとづく

~一休宗純~

(5) 花は桜木、人は武士、柱は桧、魚は鯛、小袖 はもみじ、花はみよしの

~一休宗純~

(6) もし私の性欲を昇華して雅やかな歌にかえられるなら、その価値ははかり知れぬほどの黄金に匹敵するはず

~一休宗純~

(7) 美人の陰部は水仙の香りがする。楚々とした腰に口づけしよう。もっと抱きしめて愛したい

~一休宗純~

(8) 日々なすべき正しいことは、弓を引いて「心中の賊」を射落とすこと。今の世は仏と魔物が混ざり合っている

~一休宗純~

(9) 経文に気をとらわれてこだわりすぎると、有害なものになる。私も経にとらわれてしまって、犬や猫にも及ばない。犬でさえ仏殿に向かって、何の迷いもなく小便を引っ掛けるのに

~一休宗純~

(10) 私は元々道に迷う凡夫であって、愚かな迷いが深いので迷っていることすら気づかない。しかし、悟りに至らなくても、もし道を求める心さえあるならば、自然に成仏することだろう

~一休宗純~

(11) 世の中に我れぞ悟ると自慢して 名利求むる人の多さよ

~一休宗純~

(12) わざわいというものは、元々福の裏返しにすぎず、福と禍は一筋の縄に過ぎないと信じる

~一休宗純~

(13) 釈迦は、生まれつき偉い人のように思いがちだが、元々我々と同じような人間であった。しかし釈迦は6年間苦しみながら修行をし仏となった。そこが我々と違うのだ

~一休宗純~

(14) 私が詩づくりに励むのは自分への執着が強く、自分を偉そうに見せようとする煩悩があるからだ。注意しなければいけない

~一休宗純~

(15) むさぼりと怒り・恨みの煩悩の根本は、言ってもしょうがないことを言って嘆くことにある

~一休宗純~

(16) 世の中は起きて稼いで寝て食って、後は死ぬを待つばかりなり

~一休宗純~

(17) 南無釈迦じゃ 娑婆じゃ地獄じゃ 苦じゃ楽じゃ どうじゃこうじゃと いうが愚かじゃ

~一休宗純~

(18) 今日は大燈国師の命日の前日で本堂ではたくさんの坊主たちが、禅商売用の香を焚き、経を読んでいる。その声がうるさく邪魔になってしょうがない。私はちょうど美人との情事を終えたあとで、こっちの方が私には大事だと話していたところだ

~一休宗純~

(19) 私の怒りや恨みや欲情も、出家する20年前と同じく今でもなくならない。汚れた俗世間から超越し一切の煩悩を断ち切ったはずなのだが、美人を見れば胸が高鳴ってどうしようもない

~一休宗純~

(20) つまらぬ争いの根本は、永遠の過去から引き継いだ人間の愚かさ、つまり自分に執着する心情なのだ。それをいつまでも担いで歩けば重かろうに。蝶のあの軽々とした姿に比べて何と愚かなことか

~一休宗純~

(21) 世の中の生死の道に連れはなし。ただ寂しくも独死独来

~一休宗純~

(22) 我はこれ何者ぞ、何者ぞと、頭頂より尻まで探るべし。探るとも探られぬところは我なり

~一休宗純~

(23) 彼の一仏は、水の器物に従うがごとし。陰陽寒熱の因によりて、種々変ずるがごとし

~一休宗純~

(24) 大空の月、もろもろの水に宿りたまうといえども、濁れる水には宿りたまわず、澄める水のみ宿りたまうがごとし

~一休宗純~

(25) 今日ほめて明日わるく言う人の口。泣くも笑うも嘘の世の中

~一休宗純~

(26) 人間の有り様は、万事が止まることがない。生の始りを知らないと、死の終りを弁えない。やみやみ茫々として、苦しみの海に沈んでいく

~一休宗純~

(27) この世にて慈悲も悪事もせぬ人は、さぞや閻魔も困りたまはん

~一休宗純~

(28) 美人の淫水を吸い風流な情事を終わって三世の愛を誓う。私は生身のまま畜生道に堕ちたのだ

~一休宗純~

(29) 見たことも聞いたこともない

~一休宗純~

(30) 悟りなどないということを悟った

~一休宗純~

マザー テレサ   ナイチンゲール

チャップリン   マリリン モンロー

ナポレオン   コロンブス

福沢諭吉   坂本龍馬

西郷隆盛   高杉晋作

吉田松陰   勝海舟

上杉鷹山   織田信長

徳川家康   伊達政宗

武田信玄   上杉謙信

宮本武蔵   ガンジー

ブッダ   ヘレン ケラー

マリー アントワネット   瀬戸内寂聴

キング牧師   ジャンヌ ダルク

ゲーテ   シェイクスピア

アドラー   ピカソ

太宰治   芥川龍之介

夏目漱石   三島由紀夫

野口英世   手塚治虫

田中角栄   マッカーサー

リンカーン   チャーチル

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる