マーク・トウェインの名言・格言30選|心に響く言葉

マーク・トウェインのプロフィール

マーク・トウェイン
・1835年11月30日に生まれ、1910年4月21日に亡くなる。
・アメリカ合衆国の著作家、小説家。
・『トム・ソーヤーの冒険』の著者として知られ、数多くの小説やエッセーを発表、世界中で講演活動を行うなど、当時最も人気のある著名人であった。
・アーネスト・ヘミングウェイは『アフリカの緑の丘』において、「あらゆる現代アメリカ文学は、マーク・トウェインの『ハックルベリー・フィン』と呼ばれる一冊に由来する」と述べた。
Wikipedia

マーク・トウェインの名言・格言 30選

(1) 人生で一番大事な日は二日ある。生まれた日と、なぜ生まれたかを分かった日。

~マーク・トウェイン~

(2) 人生は短い。ルールに縛られることはない。すぐに許してあげなさい。ゆっくりキスをして、本当に愛してあげなさい。笑うときは誰はばかることなく笑って、あなたをほほえませる何物に対しても決して後悔してはいけない。

~マーク・トウェイン~

(3) 今から20年後、あなたはやったことよりも、やらなかったことに失望する。

~マーク・トウェイン~

(4) 人間は誰でも月である。誰にも見せない暗い面を持っている。

~マーク・トウェイン~

(5) 私がこれまで思い悩んだことのうち、98パーセントは取り越し苦労だった。

~マーク・トウェイン~

(6) 友達にふさわしい役割とは、あなたが間違っているときに味方をしてくれること。正しいときなら誰でも味方をしてくれるのだから。

~マーク・トウェイン~

(7) 忙しいことが、人間の唯一の幸福だ。

~マーク・トウェイン~

(8) 全てが間違っているということはありえない。どんな壊れた時計でも一日に2回は正しい時刻を示す。

~マーク・トウェイン~

(9) 人を褒めたら同時にものを頼んではいけない。ほめ言葉は無料でなければ価値がない。

~マーク・トウェイン~

(10) 誰も見ていないかのように踊りなさい。一度も傷ついたことがないかのように愛しなさい。誰も聴いていないかのように歌いなさい。この世が天国であるかのように生きなさい。

~マーク・トウェイン~

(11) 自分を励ます最上の方法。それは誰かを励まそうと努力することだ。

~マーク・トウェイン~

(12) 持っているもので満足できるのが豊かということだ。もっとお金が欲しいと思っている限り、その人は豊かではない。

~マーク・トウェイン~

(13) 健康を保つ唯一の方法は、食べたくないものを食べ、嫌いなものを飲み、したくないことをすることだ。

~マーク・トウェイン~

(14) 人の大望を鼻であしらう人間とはつき合わぬことだ。それが小人の常だから。しかし真の大人物に会うと、すばらしいことに、こちらも大人物になれそうな気持にしてくれる。

~マーク・トウェイン~

(15) 人生の前半は活力があるのにチャンスがない。人生の後半はチャンスがあるのに活力がない。

~マーク・トウェイン~

(16) 先に進むための秘訣は、まず始めること。まず始めるための秘訣は、複雑で圧倒する仕事を、扱いやすい小さな仕事に分解して、最初のひとつを始めることだ。

~マーク・トウェイン~

(17) 悲しさは一人でも十分味わえるが楽しさを十分味わうには誰かの助けが必要である。

~マーク・トウェイン~

(18) 何かやりたくない事があったら、毎日必ずそれをやることだ。これが苦痛無しに義務を果たす習慣を身につけるための黄金律なのだ。

~マーク・トウェイン~

(19) 自分が多数派の側にいると気づいたら、もう意見を変えてもいいころだ。

~マーク・トウェイン~

(20) まず事実をつかめ、それから思うままに曲解せよ。

~マーク・トウェイン~

(21) 十月。これは株に手を出すには特に危険な月だ。そのほか危険な月は、七月と一月と九月と四月と十一月と五月と三月と六月とニ月と八月、それになんといっても十二月だ。

~マーク・トウェイン~

(22) 勇気とは恐怖への抵抗であり、恐怖に打ち勝つことである。恐怖がないことではない。

~マーク・トウェイン~

(23) 毎年、数千人の天才が、自分にも他人にも見出されることなく死んでいく。

~マーク・トウェイン~

(24) わが国には、言葉では言い表せぬほど尊い宝物が三つある。それは、言論の自由と良心の自由とその両者を決して使おうとしない慎重さだ。

~マーク・トウェイン~

(25) 人生に絶対確実なんてありえない。ただ、チャンスがあるだけだ。

~マーク・トウェイン~

(26) 名声は霧、人気は偶然の出来事。この世でただ一つ確実なもの、それは忘却。

~マーク・トウェイン~

(27) 人間だけが赤面できる動物である。あるいは、そうする必要のある動物である。

~マーク・トウェイン~

(28) やむを得なければ服装に無頓着だっていい。しかし、いつでも心はきちんとすべきだ。

~マーク・トウェイン~

(29) 人は心で学ぶ。目や頭で学ぶのではない。

~マーク・トウェイン~

(30) 世の中には地位を崇拝する人間もいるし、英雄を崇拝する人間もいる。また、権力を崇拝する人間もいるし、神を崇拝する人間もいる。そしてこうした架空のものをめぐって、彼らは議論を戦わせている。しかし彼らの誰もが一様に崇拝しているのは…金だ。

~マーク・トウェイン~