人間失格の名言20選|心に響く言葉

目次

人間失格の情報

人間失格(にんげんしっかく)
・小説家・太宰治による中編小説。
・『ヴィヨンの妻』『走れメロス』『斜陽』に並ぶ太宰の代表作の1つである。
・他人の前では面白おかしくおどけてみせるばかりで、本当の自分を誰にもさらけ出すことのできない男の人生(幼少期から青年期まで)をその男の視点で描く。
Wikipedia

人間失格の名言20選

(1) 間というものは、個人ではなかろうかと思いはじめてから、自分は、いままでよりは多少、自分の意志で動く事が出来るようになりました。

~太宰治『人間失格』~

(2) (女は)同じ人類のようでありながら、男とはまた、全く異った生きもののような感じで、そうしてまた、この不可解で油断のならぬ生きものは、奇妙に自分(=私)をかまうのでした。

~太宰治『人間失格』~

(3) 世間というのは、君じゃないか。

~太宰治『人間失格』~

(4) 人間は、こぶしを固く握りながら笑えるものでは無いのである。

~太宰治『人間失格』~

(5) いったいに、女は、男よりも快楽をよけいに頬張る事が出来るようです。

~太宰治『人間失格』

(6) ああ、人間は、お互い何も相手をわからない、まるっきり間違って見ていながら、無二の親友のつもりでいて、一生、それに気附かず、相手が死ねば、泣いて弔詞なんかを読んでいるのではないでしょうか。

~太宰治『人間失格』~

(7) 女は、男よりも更に、道化には、くつろぐ。

~太宰治『人間失格』~

(8) 女は死んだように深く眠る、女は眠るために生きているのではないかしら。

~太宰治『人間失格』~

(9) あまりに人間を恐怖している人たちは、かえって、もっともっと、おそろしい妖怪を確実にこの眼で見たいと願望するに到る心理。

~太宰治『人間失格』~

(10) 神経質な、ものにおびえ易い人ほど、暴風雨の更に強からん事を祈る心理

~太宰治『人間失格』~

(11) 自分は、自分を生れた時からの日蔭者のような気がしていて、世間から、あれは日蔭者だと指差されている程のひとと逢うと、自分は、必ず、優しい心になるのです。そうして、その自分の「優しい心」は、自身でうっとりするくらい優しい心でした。

~太宰治『人間失格』~

(12) 世の中の人間の「実生活」というものを恐怖しながら、毎夜の不眠の地獄で呻(うめ)いているよりは、いっそ牢屋のほうが、楽かも知れない。

~太宰治『人間失格』~

(13) (世間とは)個人と個人の争いで、しかも、その場の争いで、しかも、その場で勝てばいいのだ

~太宰治『人間失格』~

(14) 死にたい、死ななければならぬ、生きているのが罪の種なのだ。

~太宰治『人間失格』~

(15) 人間は、めしを食べなければ死ぬから、そのために働いて、めしを食べなければならぬ。

~太宰治『人間失格』~

(16) 人間は決して人間に服従しない、奴隷でさえ奴隷らしい卑屈なシッペがえしをするものだ、だから、人間にはその場の一本勝負にたよる他、生き伸びる工夫がつかぬのだ。

~太宰治『人間失格』~

(17) 女性というものは、休んでからの事と、朝、起きてからの事との間に、一つの、塵ちりほどの、つながりをも持たせず、完全の忘却の如く、見事に二つの世界を切断させて生きている。

~太宰治『人間失格』~

(18) 美しいと感じたものを、そのまま美しく表現しようと努力する甘さ、おろかしさ。

~太宰治『人間失格』~

(19) 人間への不信は、必ずしもすぐに宗教の道に通じているとは限らない。

~太宰治『人間失格』~

(20) 人にものを頼むのに、まず、その人を笑わせるのが上策。

~太宰治『人間失格』~

マザー テレサ   ナイチンゲール

チャップリン   マリリン モンロー

ナポレオン   コロンブス

福沢諭吉   坂本龍馬

西郷隆盛   高杉晋作

吉田松陰   勝海舟

上杉鷹山   織田信長

徳川家康   伊達政宗

武田信玄   上杉謙信

宮本武蔵   ガンジー

ブッダ   ヘレン ケラー

マリー アントワネット   瀬戸内寂聴

キング牧師   ジャンヌ ダルク

ゲーテ   シェイクスピア

アドラー   ピカソ

太宰治   芥川龍之介

夏目漱石   三島由紀夫

野口英世   手塚治虫

田中角栄   マッカーサー

リンカーン   チャーチル

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる