レ・ミゼラブルの名言15選|心に響く言葉

目次

レ・ミゼラブルの情報

レ・ミゼラブルれ・みぜらぶる)
・ヴィクトル・ユーゴーが1862年に執筆したロマン主義フランス文学の大河小説。
・原題 Les Misérables は、「悲惨な人々」「哀れな人々」を意味する。
・1本のパンを盗んだことをきっかけに、結果として19年間もの監獄生活を送ることになったジャン・ヴァルジャンの生涯を描く作品である。
Wikipedia

レ・ミゼラブルの名言15選

(1) 海よりも広いものがある。それは空だ。空よりも広いものがある。それは人の心だ。

~ヴィクトル・ユーゴー『レ・ミゼラブル』~

(2) 私は宗教に対しては宗教を持っている。

~ヴィクトル・ユーゴー『レ・ミゼラブル』~

(3) 海よりも雄大な光景がある。それは天だ。天よりも雄大な光景がある。それは良心だ。

~ヴィクトル・ユーゴー『レ・ミゼラブル』~

(4) 極端な無邪気さは極端な嬌態(きょうたい)に近い。

~ヴィクトル・ユーゴー『レ・ミゼラブル』~

(5) 人間の意識とは、もろもろの妄想・欲望・意図が混然と雑居しているところであり、夢想の坩堝(るつぼ)であり、恥ずべき思慮の巣窟なのだ。

~ヴィクトル・ユーゴー『レ・ミゼラブル』~

(6) 思慮は理性の労働であり、空想はその愉しみである。

~ヴィクトル・ユーゴー『レ・ミゼラブル』~

(7) 幸福だけの幸福はパンばかりのようなものだ。食えはするがごちそうにはならない。無駄なもの、無用なもの、余計なもの、多すぎるもの、何の役にも立たないもの、それがわしは好きだ。

~ヴィクトル・ユーゴー『レ・ミゼラブル』~

(8) 皺(しわ)とともに品位が備わると敬愛される。幸せな老年にはいいしれない黎明(れいめい)がさす。

~ヴィクトル・ユーゴー『レ・ミゼラブル』~

(9) れるビールは泡を立てない。諸君、急ぐなかれだ。

~ヴィクトル・ユーゴー『レ・ミゼラブル』~

(10) 苦しみがある程度度を越すと、人間は二種類の精神的無関心に襲われる。

~ヴィクトル・ユーゴー『レ・ミゼラブル』~

(11) これだけは忘れないで。誰かを愛することは、神さまの顔を見れたようなもの。

~ヴィクトル・ユーゴー『レ・ミゼラブル』~

(12) 神は人間に適する者を知り給うて、天を遠くに、すぐそばに女をおかれた。

~ヴィクトル・ユーゴー『レ・ミゼラブル』~

(13) 生の最大の幸福は、愛されているという実感である。もっと正確に言えば、こんな自分でも愛されているという実感である。

~ヴィクトル・ユーゴー『レ・ミゼラブル』~

(14) 債権者は残酷な主人よりも悪い。主人は身体を剥奪するだけであるが、債権者は対面を破壊し、威信を破滅する。

~ヴィクトル・ユーゴー『レ・ミゼラブル』~

(15) ああ、最後の苦難、もっと適切に言えば、唯一の苦難とは愛する者を失うことなのだ。

~ヴィクトル・ユーゴー『レ・ミゼラブル』~

マザー テレサ   ナイチンゲール

チャップリン   マリリン モンロー

ナポレオン   コロンブス

福沢諭吉   坂本龍馬

西郷隆盛   高杉晋作

吉田松陰   勝海舟

上杉鷹山   織田信長

徳川家康   伊達政宗

武田信玄   上杉謙信

宮本武蔵   ガンジー

ブッダ   ヘレン ケラー

マリー アントワネット   瀬戸内寂聴

キング牧師   ジャンヌ ダルク

ゲーテ   シェイクスピア

アドラー   ピカソ

太宰治   芥川龍之介

夏目漱石   三島由紀夫

野口英世   手塚治虫

田中角栄   マッカーサー

リンカーン   チャーチル

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる