カール・ルイスの名言・格言10選|心に響く言葉

カール・ルイスのプロフィール

カール・ルイス
・1961年7月1日生まれ、アメリカ合衆国出身。
・アメリカ合衆国の男子元陸上競技選手。

Wikipedia

五輪制した天才

 カール・ルイスさんは、陸上競技で天才的な力量を発揮しました。10個のオリンピックメダル(うち金メダル9個)、10個の世界選手権メダル(うち金メダル8個)を獲得したのです。 ルイスさんは複数の陸上競技で活躍するマルチな才能を持っていました。1984年のロス五輪では、100m競走、200m競走、走り幅跳び、4×100mリレーの4種目に出場し、すべて金メダルを取ったのです。走り幅跳びでは前人未到の五輪4連覇を成し遂げました。 五輪代表に5回選ばれ、20年にわたりトップアスリートの地位を維持したのは驚異的です。五輪はルイスさんの晴れ舞台だったのです。

カール・ルイスの名言・格言 10選

(1) 競技から離れれば離れるほど、自分の成し遂げたことの大きさを感じる。こんなこと言いたくはないけど、やっているときは毎日仕事に行くような感覚だった。10年たって、革命的なことをしたとわかってきた。

~カール・ルイス~

(2) 人はよくこう言う。『スポーツは95%がメンタルで、フィジカルは5%に過ぎない』と。大嘘もいいところ。

~カール・ルイス~

(3) 愚かな人間は、ただ速いから100mに勝てると思っている。完璧に至るまでの99%の努力が必要であることを、まったく理解していない。

~カール・ルイス~

(4) いくら年月が過ぎても走ることが楽しいし、速く走れるから、さらに速く走ろうと思う。

~カール・ルイス~

(5) 楽しいと思う方法で毎日トレーニングせよ。ベストを尽くせば誇りに思える。自分にとってのオリンピックで『達成感』という金メダルを勝ち取ろう。

~カール・ルイス~

(6) 自分の地平を広げれば、無限の可能性が開かれる。失敗したことのない人間は成功することもない。たゆまざる挑戦が成功に繋がるからだ。

~カール・ルイス~

(7) 大きなレースの前に私が考えていることはとてもシンプルなことだ。スタートブロックから飛び出せ、自分のレースをしろ、リラックス。

~カール・ルイス~

(8) 誰かがやるはずだった。自分がその誰かになりたかった。

~カール・ルイス~

(9) すべては過程だ。結果ではない。

~カール・ルイス~

(10) そのスポーツに信頼性がなければ、スポンサーはつかない。だから内部から変えていくべきで、アメリカがリードすべきだ。

~カール・ルイス~