ロジャー・フェデラーの名言20選|心に響く言葉

ロジャー・フェデラーのプロフィール

ロジャー・フェデラー
・1981年8月8日生まれ、スイス・バーゼル出身の男子プロテニス選手。
・1世紀を超えるテニス史で築かれた数々の記録を塗り替えてきたことから、史上最高のテニスプレーヤーとの呼び声も高い。
Wikipedia

ロジャー・フェデラーの名言 20選

(1) 年月をかけてうまくできるようになったことは、痛みや、問題があったり、どんな体調の時でもプレーすることだ。

~ロジャー・フェデラー~

(2) 僕はポジティブに考える人だね。そのおかげで、辛い状況でもやってこれたんだ。

~ロジャー・フェデラー~

(3) 重要な人間になるのは素晴らしいことだが、素晴らしい人間になることの方が重要だと思うよ。

~ロジャー・フェデラー~

(4) 自分が最高に上手にできることがあれば、それをあきらめようとは思わない。私にはそれがテニスだった。

~ロジャー・フェデラー~

(5) 君にとってベストなことを人生でやっていく上で、あきらめる事だけは絶対にしたくないはずだ。僕にとってはそれがテニスだったんだ。

~ロジャー・フェデラー~

(6) いつでも勝ちたいはずだ。それが僕がテニスをプレーしている理由。スポーツを愛しているし、常にベストであり続けようとしているんだ。

~ロジャー・フェデラー~

(7) しっかり練習して、必ず強くなって戻ってくる。今日の負けはなるべく早く忘れ去るよ。

~ロジャー・フェデラー~

(8) キャリアの最初のころは、精神を一つに保つのは本当に苦労した。でも今年以上に集中できている年はないよ。

~ロジャー・フェデラー~

(9) 全ての試合に勝つことなんて出来ない。だけど全力を出し切ることはできる。だったらもっと落ち着くんだ。

~ロジャー・フェデラー~

(10) 平凡な人生こそ真の人生だ。実際、虚飾や特異から遠く離れたところのみ真実があるからだ。

~ロジャー・フェデラー~

(11) 僕はテニスプレイヤーとしての自分のポジションを楽しんでいるよ。負ければ批判をされるし、勝っても批判を受けることがある。そういうのは好きだよ。

~ロジャー・フェデラー~

(12) 成功は旅路であり、終着駅ではない。

~ロジャー・フェデラー~

(13) “結果は気にしない。どうプレーしたかの方が大事だ。”という選手もいるが、僕には内容より結果の方が大切だ。

~ロジャー・フェデラー~

(14) 努力に逃げ道はない、努力を愛せ。

~ロジャー・フェデラー~

(15) チャンスが来るならば僕はそれを手に入れなければならない。次にチャンスが巡ってくるかどうかなんてわからないんだから。

~ロジャー・フェデラー~

(16) 過去に負けた選手と試合し借りを返すのが好きだ。特にキャリアの始めの頃に負けた相手には。

~ロジャー・フェデラー~

(17) 勝っているときに楽しいのは間違いないよ。でもそれが試合を愛している理由ではない。

~ロジャー・フェデラー~

(18) 父親に言われたのは、プロテニス選手になるなら、必ずトップ100に入れということだった。多少はお金を稼がないといけないから。そうすれば、コーチに支払いができるし、旅費を賄うことができる。

~ロジャー・フェデラー~

(19) 天才の道を行くべきか、それとも努力の道かって考えてたんだが、結局、私は努力の道を選んだんだよ。

~ロジャー・フェデラー~

(20) 時折、その日に君より上手くプレーできている相手を受け入れなければいけない。

~ロジャー・フェデラー~