星野仙一の名言・格言30選|心に響く言葉

星野仙一のプロフィール

星野仙一(ほしの せんいち)
・1947年1月22日に生まれ,2018年1月4日に亡くなる。
・岡山県倉敷市出身のプロ野球選手,監督。
・中日ドラゴンズ,阪神タイガース,東北楽天ゴールデンイーグルス監督を務めた。
・北京オリンピック野球日本代表監督も務めた。
Wikipedia

星野仙一の名言・格言 30選

(1) 勝ちたいんや

~星野仙一~

(2) やるべきことだと思っていることを、本気になってやっていかなければ自分の人生も、なにひとつ変わっていきはしないのである。本気か、本気でないのかが人生の分かれ道だ

~星野仙一~

(3) 私は技術的なミスに対してはまず怒らない。基本的なものの考え方やメンタルなミスを怒るのです。技術的なミスは、やり直せ,反復しろ,でいい。つまり、汗をかくことで矯正できるのである

~星野仙一~

(4) 弱いチームを引き受けるのは男のロマン

~星野仙一~

(5) やるだけやったら、それでいい

~星野仙一~

(6) 夢中になれる仕事自体が見つからないと言うことに対して、見つけることよりも、やってみることが大事なんだ。少しでも好きに慣れそうな仕事に、とりあえずチャレンジしてみる

~星野仙一~

(7) 指示を待つな!勇気を持って、積極的に行け

~星野仙一~

(8) 全てはフェアプレーで行われるべきであり、その上でライバルに優れた点があれば、率直に認め、学び、吸収せよ

~星野仙一~

(9) 迷った時は前に出る。勝負に懸けた時点で正解なんや

~星野仙一~

(10) 弱気は相手を強気にさせる、弱気は強気に押し切られる、強気は弱気を制していく、強気は強気を押し退ける

~星野仙一~

(11)「何がやりたいか分からない、自信が持てない」という不安定な気持ちに対して、大切なのは、自信があるかないかではなく、自分の仕事に夢中になっているか否かだ。自分の仕事に馬鹿になれるなんて、すごく幸せなことだ

~星野仙一~

(12) やはり、この縦縞でこの甲子園で皆の前で胴上げされたかった

~星野仙一~

(13) 夢を夢とするなかれ

~星野仙一~

(14) 失敗してもチャンスはある

~星野仙一~

(15) 思い悩んでいるなら、前に出るのが男だろ

~星野仙一~

(16) 一生懸命というのは自分で決めるものではない、他人に認められて初めて一生懸命と言えるんだ

~星野仙一~

(17) 知っているのにできなければ、 理論も知識もただの屁理屈といわざるをえまい

~星野仙一~

(18) 不平等な世界だからこそ、ひいきされるような選手になれ

~星野仙一~

(19) 厳しさ7割、優しさ3割。これが本当の愛情なのだと思う

~星野仙一~

(20) 最下位覚悟で優勝を狙う

~星野仙一~

(21) 大変という意味は大きく変わるということ。ピンチはチャンスの前触れ。大難を忍ぶ者は、大善を引き起こす

~星野仙一~

(22) どんな時でも過去ではなく、未来をイメージし続けよう。そのためにも、目標に少しでも近づけることを、どんな時でも確実にやっていこう。その積み重ねが後になって必ず役に立ってくる

~星野仙一~

(23) 当たり前の事を当たり前にやるだけ、ただし本気で

~星野仙一~

(24) いい、悪いをハッキリしなければならない。それをせずに、なにかの拍子に気分で怒るから変なことになる

~星野仙一~

(25) 楽天のファンがこんなにいるとは思わなかった。本当にライトスタンドが満員で。これ仙台にも来てよ。本当にみなさんのね、この、熱い熱い応援が、どれだけ力になるか、本当にありがとう

~星野仙一~

(26) 弱い者がいたら助けてやるのが、名古屋の男じゃないか

~星野仙一~

(27) あ~しんどかった(阪神監督時の優勝インタビュー)

~星野仙一~

(28) 迷ったら前へ。苦しかったら前に。つらかったら前に。後悔するのはそのあと、そのずっと後でいい

~星野仙一~

(29) 荒れているオレの姿が映像的に面白いので、必要以上に取り上げられた

~星野仙一~

(30) 長嶋さんというのは、人の守ってないところへ打球がいく。逆に王さんは、人が大勢いるところへアーチを描いていく

~星野仙一~