田臥勇太の名言・格言20選|心に響く言葉

田臥勇太のプロフィール

田臥勇太(たぶせ ゆうた)
・1980年10月5日生まれ,神奈川県横浜市出身。
・日本の男子プロバスケットボール選手。
・2004年,日本人初のNBAプレーヤーになる。
・現在,B.LEAGUEの栃木ブレックスに所属。
Wikipedia

日本のバスケットボール率いる

 田臥勇太さんは、8歳のときにビデオで見たNBA(全米バスケットボール協会)のマイケル・ジョーダンさんのプレーに魅了され、バスケットボールの世界に入ります。 全国一の強豪校である秋田県立能代工業高等学校で、井上雄彦さんの漫画「SLAM DUNK」をむさぼり読みながらバスケ漬けの毎日を送りました。高校時代は3年連続で高校総体・国体・全国高校選抜の3大タイトルを制し、史上初の9冠を達成。 米国に渡り、2004年に日本人初のNBAプレーヤーとしてフェニックス・サンズの公式戦出場枠に入りました。日本のバスケットボール界をけん引する逸材です。

田臥勇太の名言・格言 20選

(1) 気持ちで負けるなんて話にならない。

~田臥勇太~

(2) 落ち込んだときも「しょうがないや」ってけっこう開き直っちゃうタイプ。

~田臥勇太~

(3) 後悔もするし弱音も吐く、それでも必ず前を向く。

~田臥勇太~

(4) ネガティブなことを考えるより、その間にできること、言い方をかえればその間にしかできないこと、それを自分なりに見つけて毎日取り組むべきじゃないかな。

~田臥勇太~

(5)(チームとして戦う上で大切なことは?) リスペクトだと思います。

~田臥勇太~

(6) バスケットが好きだという気持ちを、誰にも負けずにやる。

~田臥勇太~

(7) 負けたら終わりなので、結果にこだわる激しさを出さないと勝てません。

~田臥勇太~

(8) 例え1分のプレーだろうと、1つのプレーだろうと、何を期待されているのかは明確だと思います。選手はそれに応えようと努力をします。そういう姿勢やメンタルが大事だと思いますね。

~田臥勇太~

(9) 戦い続けることしかない。

~田臥勇太~

(10) チャンスということで言えば、誰にでもある。

~田臥勇太~

(11) 周りとは違う自分の良さを出すこと。

~田臥勇太~

(12) チャンスを作れるか作れないかは、ホントに自分自身。

~田臥勇太~

(13) どのタイミングで、どの引き出しを使うか。そういうことを考えながらプレーしていると、楽しいなって思います。

~田臥勇太~

(14) 自分の売りをしっかりと理解すること。

~田臥勇太~

(15) 厳しい環境で揉まれない限り、ハングリーな魂なんて身につかない。

~田臥勇太~

(16) 僕は頭の中でいつもバスケをしている。

~田臥勇太~

(17) オンリーワンになりたいという気持ちはあった。

~田臥勇太~

(18) 何事に関しても「やるぞ!」って決めて、それにとことんエネルギーを費やすことが大事。

~田臥勇太~

(19) 何万回もパスをして、何万キロもドリブルをして、何万本もシュートを打って、何十足もバスケットボールシューズを履きつぶしてアメリカのコートに立った。でもこれが終わりではなくて、始まり。

~田臥勇太~

(20) 誰もやっていなかったことだったので、「成功も失敗もない」って思えた。

~田臥勇太~