長嶋茂雄の名言・格言30選|心に響く言葉

長嶋茂雄のプロフィール

長嶋茂雄(ながしま しげお)
・1936年2月20日生まれ,千葉県佐倉市出身。
・元プロ野球選手,監督。
・元プロ野球選手,監督。
・2001年より株式会社読売巨人軍専務取締役終身名誉監督,2013年に国民栄誉賞を受賞
Wikipedia

長嶋茂雄の名言・格言 30選

(1) プレッシャーを楽しいと思った時、その人間は本物になれます

~長嶋茂雄~

(2) まだまだですよ、今の野球は家に帰って風呂に入るまでわからない

~長嶋茂雄~

(3) 興が乗るとマイクを握ることはあるんですよ。ええ、いわゆるひとつのカラオケですか

~長嶋茂雄~

(4) 花屋になりたい

~長嶋茂雄~

(5) ついに閉幕を閉じる時期にきましたね

~長嶋茂雄~

(6) 疲労の疲れ

~長嶋茂雄~

(7) 決してネバーギブアップしません

~長嶋茂雄~

(8) メークドラマ

~長嶋茂雄~

(9) 打った時より三振した時に、いかに豪快に見せるか、相手に恐怖心を意識させるかを考えた

~長嶋茂雄~

(10) 我が巨人軍は永久に不滅です

~長嶋茂雄~

(11) 松井君にはもっとオーロラを出してほしい

~長嶋茂雄~

(12) 開幕10試合を7勝4敗でいきたい

~長嶋茂雄~

(13) 今年の投手陣は三本柱、斎藤、桑田、そして・・・クワダです

~長嶋茂雄~

(14)「あしたはきっと良いことがある」。その日、ベストを出しきって駄目だったとしても、僕はそう信じ、ただ夢中でバットを振ってきました。悔いはありません

~長嶋茂雄~

(15) 野球というスポーツは人生そのものです

~長嶋茂雄~

(16) 努力は人が見てないところでするものだ。努力を積み重ねると人に見えるほどの結果がでる

~長嶋茂雄~

(17) 野球選手には人間関係で悩む暇などない。すべてはバットを振り、ボールを追いかけることで解決すべきなのだ

~長嶋茂雄~

(18) プロなら陰の苦労や苦悩を人前でみせるべきでない

~長嶋茂雄~

(19) 僕は三塁のホットコーナーを守ってやってきた。三塁ベースは僕の恋人です。それが守れなくなったら潔く引退します

~長嶋茂雄~

(20) 少なくとも、セオリー通りの安全な道ばかり歩いていては、生きがいなんか生まれませんよ。ときには冒険も必要です。周囲の批判を恐れず、「俺はできるんだ」とやり抜くそれが男のロマンでしょう

~長嶋茂雄~

(21)「あしたはきっと良いことがある」。その日、ベストを出しきって駄目だったとしても、僕はそう信じ、ただ夢中でバットを振ってきました。悔いはありません

~長嶋茂雄~

(22) 若いプレイヤーが昔のように心から感動したり、感動しきれない。それは、やはり時代でしょう。だけど感動を知らない人生というのは、何か生きている味わいみたいなものがないわけです。感動はスポーツばかりじゃありません。あらゆるジャンルにある。何かに感動しながら日々新たな気持ちで挑戦して行く。これこそ生きる上での一番の王道と言えるのではないでしょうか

~長嶋茂雄~

(23) 口惜しかったさ、そりゃもう。でも、あれほどいい三振もなかった。あれほど生きた三振というのもなかった

~長嶋茂雄~

(24) 長嶋茂雄であり続けることは、結構苦労するんですよ

~長嶋茂雄~

(25) 小さな白い球との長い戦いが終わったことを知りました

~長嶋茂雄~

(26) あとはバァッといってガーンと打つんだ

~長嶋茂雄~

(27) 打つとみせかけてヒッティングだ

~長嶋茂雄~

(28) ジャイアンツの4番はバットを短く持ってはいけない、だから投球後に短く握り直すんですヨ

~長嶋茂雄~

(29) オールスターと言えば、夢のドリーム

~長嶋茂雄~

(30) 俺はカンニングの天才、一度もばれた事がない

~長嶋茂雄~