鈴木亜由子の名言15選|心に響く言葉

目次

鈴木亜由子のプロフィール

鈴木亜由子(すずき あゆこ)
・1991年10月8日生まれ、愛知県豊橋市出身。
・日本の陸上競技選手で、専門は長距離走・マラソン。
・2016年リオデジャネイロオリンピック・2015年世界陸上競技選手権大会女子5000m日本代表。
・2019年9月15日に開催される、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で、鈴木は僅か4秒の差で小原を辛うじて振り切り、2時間29分2秒のゴールタイムで2位を死守。
・これにより優勝の前田と共に、翌2020年東京オリンピック・女子マラソン日本代表にが内定選出された。
Wikipedia

鈴木亜由子の名言 15選

(1) 高校時代に右足をけがして、どん底にいた時、先生が一筋の希望を見いだしてくれました。それを目印に、頑張って這い上がって来れました。先生とあの時に出会っていなかったら、今の私はいません。

~鈴木亜由子~

(2) 自分を追い込んでいかないと、その先には行けない。

~鈴木亜由子~

(3) 懸ける思いが強い人が出られる場所だということも。小さな努力を積み重ね、五輪に出場したいという気持ちを大事に、持ち続けてほしい。

~鈴木亜由子~

(4) けがをしたことで、怖さを感じてしまい、知らず知らずにいろいろなことを制限してきたのだと思います。瞬発系の動きもそうだけど、練習でもう少し刺激を入れるようにしていけば、体も反応してくると思うので、そういう感覚をどこかで呼び覚ましたいです。

~鈴木亜由子~

(5) 練習しないと、弱いところが、本当に顕著に出る。

~鈴木亜由子~

(6) 海外勢は強くて当たり前なので、あまりプレッシャーなくできます。自分の力を出すだけ、あとは走るだけという状況なので。嫌なプレッシャーというか、硬くなるようなものはありません。

~鈴木亜由子~

(7) 練習期間が短いという面での不安はありましたが、マラソン挑戦を先に延ばして、それでうまくいく保証もなかったので、まずは1本走ってみて適性を確かめたい、と。

~鈴木亜由子~

(8) 普段できることを積み重ねる。その先にオリンピックがある。

~鈴木亜由子~

(9) 自分の走りを貫こうと思った。でも全く歯が立たなかった。レースプランも何もなくて、体が動くだけやっていこうと。頭を空っぽにして走った。

~鈴木亜由子~

(10) 笑っているように見えたかもしれませんが、私は苦しくなると口角が上がるんですよ。笑っているときは苦しいんだなと思ってください。

~鈴木亜由子~

(11) 応援は耳に届いていました。何よりパワーになりますし、その応援の一言で頑張れるんです。

~鈴木亜由子~

(12) 私が幼いころ、五輪は想像できない世界で、それこそ天国と同じくらい実体のないものでした。

~鈴木亜由子~

(13) 結局は心の中で、自分が作ってしまっていた「枠」を外せなかったというのはあると思います。

~鈴木亜由子~

(14)「慎重すぎる」と言われるんです。確かに私は無謀な夢は見られないというか、ある程度力がついたという実感が沸いてこなければ、目標として口にしてはいけないというところはあると思います。

~鈴木亜由子~

(15) 今、自分が五輪選手という立場になって思うのは、五輪に出場するチャンスは誰にも同じようにあるということです。

~鈴木亜由子~

イチロー   長嶋茂雄

王貞治   野村克也

落合博満   星野仙一

桑田真澄   松井秀喜

ダルビッシュ有   大谷翔平

柳田悠岐   坂本勇人

メッシ   イブラヒモビッチ

ネイマール   本田圭佑

三浦知良   中田英寿

長谷部誠   長友佑都

コービー ブライアント   田臥勇太

マイケル ジョーダン   レブロン ジェームス

松岡修造   大坂なおみ

錦織圭   ロジャー フェデラー

ウサイン ボルト   大迫傑

カール ルイス   高橋尚子

北島康介   池江璃花子

浅田真央   羽生結弦

メイウェザー   モハメド アリ

吉田沙保里   千代の富士

タイガー ウッズ   石川祐希

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる