原辰徳の名言・格言20選|心に響く言葉

原辰徳のプロフィール

原辰徳(はら たつのり)
・1958年7月22日生まれ,神奈川県厚木市出身。
・元プロ野球選手,現読売ジャイアンツ監督。
・1980年代から1990年代中盤にかけて,巨人の4番として活躍。
・2009年,WBCの日本代表監督を務め,世界一に導いた。
Wikipedia

原辰徳の名言・格言 20選

(1) 正々堂々と世界の強者と戦って勝ち抜くことができた。覚悟と潔さを持って「日本力(にほんぢから)」を見せ付けた。

~原辰徳~

(2) 私にとってのジャイアンツ、ジャイアンツにとっての彼(松井)の位置づけ。お互いに築き上げてきたものがある。これからも築き上げていかなければならない。

~原辰徳~

(3) 若い力はジャイアンツの宝。

~原辰徳~

(4) こういう緊張感のあるゲームが近づいてきますとね、やっぱり選手1人1人からね、ヘモグロビンがバンバン出てくるのがよく分かります

~原辰徳~

(5) 目標の定まった人というのは、波風があったとしてもブレない。

~原辰徳~

(6) オレも人間。君たちも人間なんだ。

~原辰徳~

(7) ジャイアンツ愛。

~原辰徳~

(8) 背伸びをしたって、たかが知れている。背伸びをしたまま生活したら、つまずくだけ。

~原辰徳~

(9) 勝負に近道なし、勝負に失望なし、勝負に待ったなし。

~原辰徳~

(10) 結果は、出た瞬間に過去のもの。僕の宝物は目標に向かうプロセス。

~原辰徳~

(11) プロの打者との戦いを楽しめないと。

~原辰徳~

(12) 最下位ということは、これ以下はないということ。逆説的に言えば、まだ前半戦。のたうち回るようなことはない。

~原辰徳~

(13) 皆さんに感謝。私の力は数%ですから。

~原辰徳~

(14) 同じ人に3本も打たれてはいけない。

~原辰徳~

(15) 余談を記事にされちゃあ困るぞ。余談(油断)は禁物。

~原辰徳~

(16) 小さい頃、野球選手になりたい、ジャイアンツに入りたい。その夢を持って頑張りました。

~原辰徳~

(17) 必要なら主軸バッターでもバントをさせます。勝つためなら、有無をいわせない。

~原辰徳~

(18) 甘えは許されぬ。

~原辰徳~

(19) ジャイアンツ・タイムといって何ごとも時間厳守。公式の場や移動時にはスーツ着用し、ヒゲを生やさないというドレスコード。そういった先輩たちが培い守ってきたものを実践し、次の世代へ教えていくということです。

~原辰徳~

(20) 組織の和というのは、競争原理が働く実力主義でないと保てないんです。レギュラーを獲得するのに遠慮なんかしていられません。

~原辰徳~