金本知憲の名言30選|心に響く言葉

目次

金本知憲のプロフィール

金本知憲(かねもと ともあき)
・1968年4月3日生まれ,広島県広島市出身。
・元プロ野球選手,野球解説者,指導者。
・連続フルイニング出場数(1492試合),連続試合イニング出場数(13686イニング)の世界記録保持者。
・2018年1月,野球殿堂入りする。
Wikipedia

金本知憲の名言 30選

(1)(監督として)まずは厳しさ、次は明るさ。

~金本知憲~

(2) 先輩から「お前バカじゃないの」って言われたことも何回かあった。

~金本知憲~

(3) 究極の目標は、1度途切れた後の1シーズンにフルイニングで出ること。

~金本知憲~

(4) 自分の評価は自分でするべきではない。

~金本知憲~

(5) 結果がいいときほど引き締める。その半面、結果が悪いときにも深刻にならない。

~金本知憲~

(6) 一、二年いい成績をあげたからといって、プロの世界で認められたと思ったら大間違いだぞ!

~金本知憲~

(7) 好きなだけ練習できる体になりたい。

~金本知憲~

(8) とにかく、この1点が欲しかった。記録よりも「1点入ったな」というのが最初に思ったことだった。

~金本知憲~

(9) 自分が入ってチームが何も変わらなかったと言われるのが一番、イヤだった。

~金本知憲~

(10) 不安があるからこそ、練習にも真剣に取り組めるんです。

~金本知憲~

(11) 強い気持ちがあったら体はついてくるんじゃけん。やり抜くという強い気持ち、それしかないと思うよ。

~金本知憲~

(12) 自分の力だけの人生と思ったらイカン。いろんな人の世話になってるし、先祖や神様にも守られている。ありがたい幸せや。

~金本知憲~

(13) 朝起きて、水を飲むために右手でコップが取れれば、“今日は調子がいいな”という感じ。

~金本知憲~

(14) あきらめるのは簡単じゃないですか。でも、他人がやらないことにチャレンジするのは面白いですよ。

~金本知憲~

(15) 好きな野球という気持ちでやっていれば、嫌になればやめようとなる。でも、だれでも悩みを抱えて仕事している。苦しい時や悩んだ時、きつい時も仕事なんだと思えば、やっていける。

~金本知憲~

(16) 骨が折れようが、胃に穴が空こうが、身体が動くかぎりグラウンドに立ち続けてやる。

~金本知憲~

(17)(一番誇りに思うのは?)連続無併殺記録。打率が下がるところで全力で走って、ゲッツーにならなかった。内野安打にならないところで全力プレーし、フルイニングよりも誇りに思う。

~金本知憲~

(18) 1、2塁ではホームランを狙いにいって三振するよりは、1点をとるバッティング。だから3ランは、打ってないと思いますよ。

~金本知憲~

(19) 木佐貫が投げた球は故意でも、威嚇でもない。俺は大丈夫。何ともないから。このコメントを必ず新聞に載せて欲しい。

~金本知憲~

(20) オレも、何べんも挫けそうになったから。投げ出したことも一度や二度じゃない。けど、強い気持ちがあったから、ここまで来られたんじゃと思うよ。

~金本知憲~

(21)(契約更改の席で)僕はそんなに上げてもらわなくていいですから、その分裏方さんの給料を上げてください。

~金本知憲~

(22) 本当の男らしさっちゅうもんは、女が持っていないタフさとか少々のことではめげないとか約束を守るとか、そういうことやと思う。雰囲気や外見だけじゃ本質はわからんよ。

~金本知憲~

(23) 1号から450号まで、自分の打撃をつくってくれた監督やコーチに感謝したい。打撃投手や球拾いをしてくれた裏方さんへの感謝も忘れてはいけない。

~金本知憲~

(24) なんだかんだ言ってきた奴を見返してやりたい。

~金本知憲~

(25) 最初は痛がりですぐ休む。行けるかと聞かれ、行きますとしか言えないからやってみたらできた。

~金本知憲~

(26) オレも能見サンが嫌い。

~金本知憲~

(27) 私は極限状態でこそ「楽しい」という一言がでる。

~金本知憲~

(28) 右肩の痛み?そんなモン知るか!筋肉のコルセットで覆ってやるわ!

~金本知憲~

(29) ベテランになって引退する選手はみんな、動けんようになって、振れなくなってやめていく。ああはなりとうない。

~金本知憲~

(30) 複雑骨折以外は出る。

~金本知憲~

目次
閉じる