栗山英樹の名言・格言20選|心に響く言葉

栗山英樹のプロフィール

栗山英樹(くりやま ひでき)
・1961年4月26日,東京都小平市。
・元プロ野球選手。
・現北海道日本ハムファイターズ監督。
・監督業の前は東京学芸大学で講師を経験。

Wikipedia

国立大学出身で初のプロ野球監督

 栗山英樹さんは東京学芸大学教育学部を卒業しました。国立大学出身で、監督就任前に大学教授の経歴のある日本のプロ野球監督は史上初めてです。インテリなんですね。 とはいえ、選手時代は苦難の連続でした。ヤクルトスワローズにドラフト外で入団し、1984年からプロ選手としてスタートするも、レベルの高さに圧倒されて辞めることばかり考えていました。 メニエル病に悩まされ、1990年には現役を引退。白鴎大学教授を経て、2012年から北海道日本ハムファイターズの監督を務めています。北海道の栗山町に居を構え、現在も独身生活を謳歌する余裕派です。

栗山英樹の名言・格言 20選

(1) やれるようにする努力を皆でしよう。命がけで。

~栗山英樹~

(2) 出来るのを探るのがプロの仕事。

~栗山英樹~

(3) 悩みや葛藤の原因や解決方法は、選手自身で気づかないと人間的な成長はない。

~栗山英樹~

(4) 三振がその選手の成長につながるものであれば、それはチームの財産になります。

~栗山英樹~

(5) 自分の考えが正しいとは絶対に思わない。

~栗山英樹~

(6) 選手って自分の能力がどこにあるのか、案外、わかってないんだよ。

~栗山英樹~

(7)「俺が俺が」と、自分が表現したいことやいいたいことばかりを押し出していると、人々の思いや欲求をつかみ取るのが困難になります。

~栗山英樹~

(8) 一度どん底を経験させることで、悔しさの中からもっとがむしゃらに自分と向き合う機会を与えようと思った。

~栗山英樹~

(9) 選手の性格や精神状態を踏まえたうえで、どんな態度で接するか、言葉がけをするかを考えます。

~栗山英樹~

(10) 私もコーチも選手が前に進んでくれたのが一番の喜び。

~栗山英樹~

(11) メジャーはスゴイけど、メジャーよりもすげえヤツがいるんだってことを(大谷)翔平には示して欲しい。

~栗山英樹~

(12) 選手をよく見ていれば、その選手が進もうとしている道が見えてきます。

~栗山英樹~

(13) 実は選手とは普段あまり話さないんです。

~栗山英樹~

(14) プロ野球において、打率とか打点とか防御率とか……もちろん個人の数字は大切です。でも、それを一番にしていたら強いチームは作れない。

~栗山英樹~

(15) 選手の10倍は努力しないと、選手と一緒に成長できない。

~栗山英樹~

(16) 僕は『教える』という感覚はあまりなく、選手が持つ良さを引き出し、適材適所で輝くようにマネジメントをしているだけです。

~栗山英樹~

(17) 一人ひとりの選手の性格や、心身の状態を把握しておくことが大切。

~栗山英樹~

(18) 監督が選手を信じられなければ、本当に結果が出なくなってしまう。

~栗山英樹~

(19) 指導者には人への愛情、情熱が絶対になければいけない。

~栗山英樹~

(20) 自分の為にという打算があったら、途端に野球の神様の声は聞こえなくなる。

~栗山英樹~