森祇晶の名言・格言20選|心に響く言葉

森祇晶のプロフィール

森祇晶(もり まさあき)
・1937年1月9日生まれ,岐阜県岐阜市出身
・元プロ野球選手,監督,野球解説者
・巨人V9時代の正捕手,「V9の頭脳」の異名を取った
・西武監督時代は,在任9年間で8度のリーグ優勝,6度の日本一にチームを導いた
Wikipedia

森祇晶の名言・格言 20選

(1) 監督にはいろんなタイプがあるが、私はピッチャーを中心にしたディフェンス面から考えていく。

~森祇晶~

(2) 守備と走塁にはスランプがない。

~森祇晶~

(3) 走塁というのは、打撃戦や投手戦とは違った醍醐味がある。走塁ほどスリリングなものはない。

~森祇晶~

(4) 87年の日本シリーズは私が監督として経験した8回のシリーズで最高傑作といっていいかもしれない。なぜなら、監督、コーチ、選手が一丸となって勝ち取った日本一だから。

~森祇晶~

(5) 私のデータ分析の特徴は、表からだけでなはなく、裏からも見ることだ。表からだけ見ていると、データを都合よく解釈してしまう。

~森祇晶~

(6) 日本シリーズは何が起きるか分からない。いくら計算しても、画餅に帰すだけだからである。

~森祇晶~

(7) 選手に目を注ぐ一方、同時に勝つためのチーム作りの視点も持つ。四方八方に目配せするのが監督の仕事といっていいのである。

~森祇晶~

(8) 監督というのは選手に対して常に平等でなければならない。いわゆる公平無私の精神である。

~森祇晶~

(9) 何事も新しいことをやるときは勇気がいるものである。当然批判も生まれる。

~森祇晶~

(10) 野球の面白さは意外性にある。

~森祇晶~

(11) 私が監督生活で一番誇りにしているのは、ペナントレースや日本シリーズの優勝回数ではない。登板過多によって投手を潰したことが一度もないということである。

~森祇晶~

(12) 1回限りの優勝なら、エースを酷使して時にはペナントを握ることができるかもしれない。しかし、エースに無理強いすれば、必ず翌年にツケが回ってくる。そうなれば連覇は難しい。

~森祇晶~

(13) 初めて清原を見たときの衝撃は今も忘れない。清原には独特の雰囲気があった。

~森祇晶~

(14) 光り輝くのは選手なんだ。監督であってはいけない。

~森祇晶~

(15) コーチ業は先ず自分を殺すことから出発しなければならない。

~森祇晶~

(16) 事業に失敗したといって自殺してしまう人がいる。リストラを悩んで自殺する人もいる。人生で言えばたかが一つの挫折である。

~森祇晶~

(17) 勝つに法あり、負けるに理あり。

~森祇晶~

(18) リーダーの闘いとは常に先を読むことだ。

~森祇晶~

(19) 出来るかどうかの不安を考えたらキリがない。

~森祇晶~

(20) 重要なのは腹をくくるということである。たとえ決断が悪いほうに転んだとしても、自分が全ての責任を持つ心構えがあれば、割り切りも早い。

~森祇晶~