上原浩治の名言・格言20選|心に響く言葉

上原浩治のプロフィール

上原浩治(うえはら こうじ)
・1975年4月3日生まれ,大阪府寝屋川市出身
・元プロ野球選手
・日本プロ野球,メジャーリーグで活躍
・メジャーリーグで日本人初のリーグチャンピオンシップ及びワールドシリーズ胴上げ投手になった
Wikipedia

上原浩治の名言・格言 20選

(1) 行き場の分からない不安って、当事者になってみないと分からないよ。

~上原浩治~

(2) やっぱり野球がやりたい。

~上原浩治~

(3) チームから決められたこと以外にどこまで努力するかは、やりすぎてもいけません。

~上原浩治~

(4) 僕の野球人としての武器は、自分を曲げなかったことですね。

~上原浩治~

(5)「俺は何も隠さないから、見たいなら見ろ。見て感じてくれ」 という姿勢をベテランが持っていると、若手も伸びやすい。

~上原浩治~

(6) 浪人時代という挫折があったから、今のボクがあるのです。あれが自分の原点です。

~上原浩治~

(7) 練習は裏切らない。結局は努力したやつが勝つと思っている。

~上原浩治~

(8) 私は生まれ付いての強者ではない。“雑草”であると自認しているし、“雑草”であることにプライドも持っている。

~上原浩治~

(9) 雑草がエリートを打ち負かして勝てば、喜びは何倍も大きいだろう。ただ、私の目的は、ライバルや相手を倒し、輝かしい成績を上げることではない。私が闘う最も手ごわい敵とは、弱さを持つ自分自身の心だったのだ。

~上原浩治~

(10) 私が大切にしている『我慢』という言葉にはさまざまな意味が含まれているが、それは畢竟(ひっきょう)“己の甘さと闘う”という根本的な命題に帰着するように思う。

~上原浩治~

(11) “心の闘い”に、私は『負けてたまるか!』と闘志を燃やした。怪我で苦しみ、試合で打ち込まれても、そこで白旗を振る上原浩治には断じてなりたくない。何度踏み付けられても立ち上がるたくましさ、硬いコンクリートの隙間からでも葉を茂らせる生命力、そういう強さを身に付けたいと思った。

~上原浩治~

(12) どれだけ自分を律し、どれだけ辛抱して頑張れるか。

~上原浩治~

(13) 大事なのは挑戦すること。挑戦し、たとえ失敗しても悔いる必要はない。

~上原浩治~

(14) 自分に勇気を与えるのが闘志力。

~上原浩治~

(15) 人って、結局は褒められて伸びるものなんだと思います。褒められると素直に嬉しいし、やっていてよかったと思える。

~上原浩治~

(16) シーズンが始まる前によく 「上原さん、今年は何勝ですか」 と聞かれますが、僕は具体的な数字をあげたことはないんです。一個一個投げて、次の試合勝てるようにがんばります、としか。あまりに先すぎる目標ではなく、目先の目標に重きを置いています。

~上原浩治~

(17) 僕のいたチームは、練習メニューは皆自分で作って、わりと目の前の課題や目標をクリアするための練習に取り組んでいました。

~上原浩治~

(18) 僕はプロでも、チームから課せられるメニュー以外は自己流で練習して目標を追いかけていました。「自分にはこのやり方があっているんだ」 と信じて。

~上原浩治~

(19) たかが2、3年ね、15勝したって、それを僕はエースとは思わない。

~上原浩治~

(20) どんな時でも絶対に諦めないで、立ちはだかる壁と格闘し続けなければいけないと心に決めている。

~上原浩治~