吉田亜沙美の名言・格言20選|心に響く言葉

吉田亜沙美のプロフィール

吉田亜沙美(よしだ あさみ)
・1987年10月9日生まれ,東京都江東区出身。
・元女子バスケットボール選手。
・Wリーグで数々のMVPを獲得。
・日本代表にも選出され,国際大会でも活躍。
Wikipedia

吉田亜沙美の名言・格言 20選

(1)(2019年3月25日の引退会見)私は気持ちがないとプレーで表現できないと改めて知りました。

~吉田亜沙美~

(2) 日本代表は覚悟を背負ってやらなければいけない。中途半端な気持ちで関わってはいけない。

~吉田亜沙美~

(3) 最後は気持ちだよ。勝ちたいと強い気持ちを持った方が試合を制することができる。

~吉田亜沙美~

(4) バスケットボールが大好きという気持ちです。大好きだから勝ちたい、勝ちたいからもっとうまくなりたい、というシンプルだけどずっと変わらない気持ちが自分の原動力。

~吉田亜沙美~

(5) 出場できるチームや選手がいる一方で、負けたチームや選手がいます。そういう人たちのためにもインターハイでフェアなプレーをして見ている人に感動を与え、競技の楽しさを伝えて欲しい。

~吉田亜沙美~

(6) みんなの良さを引き出すことも私の役割。

~吉田亜沙美~

87) バスケは5人しか試合に出られませんが、5人だけでは絶対にバスケはできないし、練習ができるのも他の選手たちがいてくれるおかげです。

~吉田亜沙美~

(8) オリンピックってそれくらい、人を頑張らせる力を持っている。

~吉田亜沙美~

(9) もっとうまくなりたい!。

~吉田亜沙美~

(10) 夢だけは決して諦めませんでした。

~吉田亜沙美~

(11) 負けた時に学べることってたくさんある。

~吉田亜沙美~

(12) 家族全員バスケットボールをやっていて、そもそもバスケットボールをやる環境しかなかった。

~吉田亜沙美~

(13) オリンピックの夢を叶えるまでは、長い道のりでしたが、オリンピックの舞台に立った時に、今までの努力が報われました。

~吉田亜沙美~

(14) 私はめっちゃ緊張するタイプなのですが、どんなことをしても緊張が取れなかったので、今では緊張することが私のいつも通りの姿と考えています。

~吉田亜沙美~

(15) 世界に日本のバスケットの素晴らしさを表現しに、チームのみんなと一緒に行きたいと思うようになりました。

~吉田亜沙美~

(16) 謙虚に、お互いを高め合いながら、切磋琢磨しながら、そういう強いチームを作っていきたい。

~吉田亜沙美~

(17) 私は言葉で引っ張ることが得意じゃないから、プレーで示すしかない。

~吉田亜沙美~

(18) 簡単に叶えられる目標ではあまり意味がない。

~吉田亜沙美~

(19) 背が小さいチームでも世界と戦っていける。

~吉田亜沙美~

(20) 気を遣える選手はディフェンスが上手。

~吉田亜沙美~