エディー・ジョーンズの名言・格言30選|心に響く言葉

エディー・ジョーンズのプロフィール

エディー・ジョーンズ
・1960年1月30日生まれ、オーストラリアタスマニア州バーニー出身。
・ラグビーユニオンの元選手、指導者。
・ラグビーイングランド代表ヘッドコーチ(2015年12月 – )、ラグビー・フットボール・ユニオン所属(2015年12月 – )、ゴールドマン・サックス日本アドバイザリーボード(2016年1月 – )。
・元東海大学ラグビー部監督。
Wikipedia

エディー・ジョーンズの名言・格言 30選

(1) 私が成し遂げたかった最大の目標は、日本代表が代表のジャージーに誇りを取り戻し、ファンが誇りを持って応援することだった。

~エディー・ジョーンズ~

(2) 行動を変える為には極端な事をしなくてはいけません。

~エディー・ジョーンズ~

(3) 日本社会と同じようなチームを作っても世界ではあっけなく負けておしまいです。

~エディー・ジョーンズ~

(4) コミュニケーションができていないプレーヤーを練習から外していきます。

~エディー・ジョーンズ~

(5) 嫌われる勇気とは、自分を貫く勇気である。

~エディー・ジョーンズ~

(6) 私はハッピーなチームにはしたくありません。居心地がいいと能力は発揮できない。

~エディー・ジョーンズ~

(7) 勝つことが目標ならば行動を変える必要があります。

~エディー・ジョーンズ~

(8) この世に完璧な指導者などいません。それを目指す道があるだけです。

~エディー・ジョーンズ~

(9) 変われない理由はない。

~エディー・ジョーンズ~

(10) ラグビーで勝つ為に体格の差は関係ない。

~エディー・ジョーンズ~

(11) 私は負けるのが大嫌いだ。

~エディー・ジョーンズ~

(12) 飛び抜けたスキルや才能を持っていることも重要ですが、それ以上に「成長したい」という意欲を持っていて、辛い練習も耐えられるかどうかを重視します。

~エディー・ジョーンズ~

(13) 日本一の練習をするチームだけが日本一になれる(高校生への指導時)。

~エディー・ジョーンズ~

(14) リーダーとは、チームにインスピレーションを与える存在でなくてはならない。

~エディー・ジョーンズ~

(15) 「これから何をしようとしているのか」「どうやってやろうとしているのか」「どんな形で勝ちにいこうとしているのか」を全員に理解させる。

~エディー・ジョーンズ~

(16) 何か特別なことに関わることは、自分が変われるということ。

~エディー・ジョーンズ~

(17) もっとボールを欲しがれ!。

~エディー・ジョーンズ~

(18) どこかのチームの真似をしてる限り、チームが本当に強くなることはありません。

~エディー・ジョーンズ~

(19) 私自身がこうしたコーチング理論を常に学び、その裏付けを明確に説明できなければ、選手に辛い練習をさせようとしても誰もついてこない。

~エディー・ジョーンズ~

(20) 準備が全て。

~エディー・ジョーンズ~

(21) いい練習をして、それを自信に変える。

~エディー・ジョーンズ~

(22) もっと貪欲に、もっと積極的に。

~エディー・ジョーンズ~

(23) 疲れを見せるな。

~エディー・ジョーンズ~

(24) 勝つためには、まず自分自身をよく知らなければいけない。

~エディー・ジョーンズ~

(25) 心配ほど無意味なものはない。

~エディー・ジョーンズ~

(26) チームのキャプテンや、リーダーシップを取る立場のメンバーは、チーム全体の姿勢を決める。

~エディー・ジョーンズ~

(27) ワールドカップで体格で劣る日本が南アフリカに勝てたのは奇跡や偶然ではありません。

~エディー・ジョーンズ~

(28) 指示を出し合わないといけない。

~エディー・ジョーンズ~

(29) コーチにとって大切なのは、選手はなぜそういう決断をしたのかを考えること。

~エディー・ジョーンズ~

(30) 選手個々の能力を引き出すためには、どのようなコミュニケーションを取るべきなのか。

~エディー・ジョーンズ~