福士佳代子の名言・格言10選|心に響く言葉

福士佳代子のプロフィール

福士佳代子(ふくし かよこ)
・1982年3月25日生まれ,青森県北津軽郡板柳町出身
・女子陸上競技選手(主に長距離走,マラソン)
・アジア競技大会で3個のメダル(うち金メダル1つ)

・2013年,世界陸上競技選手権銅メダル
Wikipedia

福士佳代子の名言・格言 10選

(1) マラソンを走るつもりはない。2時間以上あるなら走り続けるより映画を見たい。

~福士佳代子~

(2) 計算なんてしてなくて、もう1キロ2キロで死ぬだけ行ってみようと思って。

~福士佳代子~

(3)(メダルは)いやー獲れると…金メダル獲れると思ってたんですけど、銅メダルでごめんなさい。

~福士佳代子~

(4)(抜いたあとも)何かね、常に後ろにいる気がしました。息が聞こえてて。

~福士佳代子~

(5) ちょっと前がいると元気になる感じで、初めて『あ、これが昔のアタシか』と思って。『元気になるな、抜くとき』って違う自分を見られました。

~福士佳代子~

(6) 勝利や五輪よりも、自分の記録を目指している。

~福士佳代子~

(7) リオ、決定だべ~!

~福士佳代子~

(8) 当時はマラソンを甘く考えていた。反省しています。

~福士佳代子~

(9) アレ(転倒)ね、面白かった、でも逆にアレで落ち着けたので、コケて正解でした。

~福士佳代子~

(10) トラックがこんなに嬉しく走れたことないですね。

~福士佳代子~