乾友紀子の名言・格言3選|心に響く言葉

乾友紀子のプロフィール

乾友紀子(いぬい ゆきこ)
・1990年12月4日生まれ、滋賀県近江八幡市出身。
・日本のアーティスティックスイミング選手。
・2012年ロンドンオリンピックアジア・オセアニア最終予選で優勝して初の五輪代表に決まった。ロンドン五輪では小林千紗と組んだデュエットで5位入賞を果たし、チームも5位入賞だった。
・2016年8月、リオデジャネイロ五輪に出場し三井梨紗子とのデュエットで銅メダルを獲得し、チームでも銅メダルを獲得した。
Wikipedia

乾友紀子の名言・格言 3選

(1) 最後はどれだけ勝ちたいか、気持ちの勝負。

~乾友紀子~

(2) 未完成な部分はあるが、今できる最大限の力を発揮して、元気よく泳ぎ切りたい。

~乾友紀子~

(3) 逃げたくなる時もあったけど、五輪でメダルを取りたいという気持ちを思い出して頑張ってきた。思いがかなってうれしい。

~乾友紀子~