松島幸太朗の名言・格言10選|心に響く言葉

松島幸太朗のプロフィール

松島幸太朗(まつしま こうたろう)
・1993年2月26日生まれ、埼玉県出身。
・日本のラグビー選手。
・ジンバブエの父と日本人の母を持ち、出生地は父の仕事先であった南アフリカ。
・2011年1月、全国高校ラグビー大会優勝。

・2019年,ワールドカップ日本代表に選出。日本をアジア初のベスト8進出に導いた。
Wikipedia

松島幸太朗の名言・格言 10選

(1) 間違っていても次に集中すれば良いと思います。

~松島幸太朗~

(2) 日本代表で強いチームに勝ちたい。

~松島幸太朗~

(3) 悔しさ、それをバネにする。

~松島幸太朗~

(4) 目標は君に書くことを心がけています。自分だけが見られるノートに書いているんです。

~松島幸太朗~

(5) 瞬間のスピードで相手を置き去りにする。

~松島幸太朗~

(6)「クヨクヨしている時間があるなら前に進もう!」と。

~松島幸太朗~

(7) ある程度相手の動きも見て予測するけど、疲れれば疲れるほど体が勝手に反応する。

~松島幸太朗~

(8) チームというのはお互いを信じあってやってきているので、上手くいかないからといってすぐに投げ出すのでなく、お互いをリスペクトし合いながらやれていることです。

~松島幸太朗~

(9) 中学1年の1年間を南アフリカで過ごし、その時の学校の先生に誘われたのがラグビーを始めたきっかけです。家族は誰もラグビーをやってなかった。

~松島幸太朗~

(10) 見極めたつもりが違っていることは仕方がないんですが、間違っていても良いので、早く伝達して全員が一緒のことをしているということが大事です。

~松島幸太朗~