リーチ・マイケルの名言・格言15選|心に響く言葉

リーチ・マイケルのプロフィール

リーチ・マイケル
・1988年10月7日生まれ,ニュージーランド・クライストチャーチ出身。
・ラグビー選手。
・2013年に日本に帰化し,現在は日本国籍を保有。
・2019年,ワールドカップ日本代表に選出。日本代表のキャプテンとして日本をアジア初のベスト8進出に導いた。
Wikipedia

リーチ・マイケルの名言・格言 15選

(1) ジャパンの一番のオモシロさは、いろんなカラーのチームの選手がひとつになること。(トップリーグで)ジャパンのメンバーと戦うのも楽しい。たまに殴り合ったりもしますよ。

~リーチ・マイケル~

(2) 強くなりたい。嫌な練習も、嫌とは言わない。みんな、そうです。やらないといけないとわかっている。

~リーチ・マイケル~

(3) ジャパンでは、朝5時から練習するときもあります。4時に起きて、4時半スタートもある。スクラム、ラインアウトやって、チーム練習やって、ウエイトやって、スキルもやって…。1日、3回も4回も、セッション(練習)をやってきました。僕は絶対、グラウンドに立たないといけない。ケガをする暇もない。

~リーチ・マイケル~

(4) ジャパンのラグビーは時計みたいです。ひとつの部品が壊れたら、すべてが崩れてしまうのです。1つ1つ、ちゃんとやらないと、うまくいかない。

~リーチ・マイケル~

(5) 日本はちゃんとやれば勝てるチーム。世界で互角に闘うために最も重要なのは「『絶対に勝つ』という強いメンタリティ」です。

~リーチ・マイケル~

(6) 本当に勝ちたい。

~リーチ・マイケル~

(7) 夢を持つことはすごい大事で、一番持ってほしいのは目標。

~リーチ・マイケル~

(8) 日本に恩返しがしたい。

~リーチ・マイケル~

(9) 将来、高校の監督になりたい。

~リーチ・マイケル~

(10) 高校のある札幌は、夏はニュージーランドとよく似た気候で快適だったのですが、冬になると雪でフィールドが真っ白に! 「これで練習は中止だな」とのんびりしていたら、「やる。当たり前だ」と。白い息を吐きながらボールを追った冬の日々は、今では楽しい思い出です。

~リーチ・マイケル~

(11) チーム全体が、自信と強靭なメンタリティを持ち、高めていきたい。

~リーチ・マイケル~

(12) 細かいところ、パーツがすごく大事なんです。自分のポジションの仕事を100%、理解しないといけない。それが一番大事です。

~リーチ・マイケル~

(13) 日本にいる選手は(世界との意識の差を)知らないだけ。上から言うのではなく、『世界はこういうものなんだよ』と少しずつ教える立場にならなきゃいけないと思います。

~リーチ・マイケル~

(14) 日本は“根性”。ニュージーランドで根性練習やったら、みんなやめる。楽しいのが一番です。

~リーチ・マイケル~

(15) ワールドカップの勝利が一番の思い出です。

~リーチ・マイケル~