奥原希望の名言・格言15選|心に響く言葉

奥原希望のプロフィール

奥原希望(おくはら のぞみ)
・1995年3月13日生まれ,長野県大町市出身。
・女子バドミントン選手。
・2016年リオ五輪で,日本人選手として初めてのオリンピックメダル獲得。
・BWF世界ランキング最高位は2位。
Wikipedia

奥原希望の名言・格言 15選

(1) ミスの仕方を考えなきゃいけない。

~奥原希望~

(2)(一番の強みは?)粘りです。。

~奥原希望~

(3) しっかり結果を出し切れたというのは五輪に向けて自信になりました。

~奥原希望~

(4) 実際に口に出して言い聞かせることで緊張を取り払える。

~奥原希望~

(5) 周りのみなさんの期待に応えようと思って今日このコートに立った。

~奥原希望~

(6) 今、自分の目の前にある事、取り組んでいる事に対して、常に全力でやっていれば、必ず後になって、良かったなって思える。

~奥原希望~

(7) バドミントンばかりじゃなくて、女子高生らしい生活を送りたいって思う事もあるし、調子が悪い時とか。でも私にはこれしか無いからがんばろうって。

~奥原希望~

(8) 私は身長が低い分、ミスが致命的なので、練習中は、一本一本全て試合の一本だと思って全力でプレーしています。

~奥原希望~

(9) 私はオンオフの切り替えがはっきりしていて、オフの時は一切バドミントンの事は考えないです。

~奥原希望~

(10) 克己心。

~奥原希望~

(11)(世界ランキング8位という高いランクを維持しているのは)メンタルコントロールと感謝の気持ち、負けん気のおかげ。

~奥原希望~

(12)(バドミントンについて)相手とのかけひきが楽しいです。ここに打ったら、ここに打ちかえされてくるから、今度はここに打とうとか、数手先までイメージして試合展開するところが好きです。

~奥原希望~

(13) 世界ジュニアバドミントン選手権大会の前、調子が全く上がらなくて、高校の後輩にも負けてしまって、このままじゃ日本のエースとして戦えないなって壁にぶつかったんですけど、そんな時に、サッカーの長友佑都選手の「上昇思考」って本を読んで、もやもやしたものが取れて、復活しました。

~奥原希望~

(14) 高校生活全部バドミントンって感じで、入学式も出られなくて、ホントは卒業式も出られなかったんですけど、ケガをしてしまったので、最後の最後で、高校生らしい生活を送れました。

~奥原希望~

(15)(負けず嫌いなのは)兄弟が上に二人なので、始めたころはいつも上の二人に負けていて、よく泣いてたので、その影響だと思います。

~奥原希望~