栄和人の名言10選|心に響く言葉

目次

のプロフィール

栄和人(さかえ かずひと)
・1960年6月19日生まれ,鹿児島県奄美市笠利町万屋出身。
・日本の元レスリング選手。元全日本女子レスリングヘッドコーチ。
・元至学館大学(旧・中京女子大学)レスリング部の監督。
・至学館大学レスリング部の教え子に48kg級の伊調千春・小原日登美・登坂絵莉、55kg級の吉田沙保里、63kg級の伊調馨・川井梨紗子、69kg級の土性沙羅など、多くのオリンピックメダリストを送り出している。
Wikipedia

栄和人の名言 10選

(1) 誰もが試練にぶつかる。何かを成し遂げようとした時、心の強さを確かめられる。必ずぶつかるが、それを楽しむ!また、親子の場合、親が壁にぶつかっている子の悩みを軽く見ないこと。それはその子にしかわからない。

~栄和人~

(2) 全てを丸ごと受け止めるということ。

~栄和人~

(3) 妥協するなよ~。

~栄和人~

(4) 強くなりたいと願う選手を強くすること。それが指導10+ 件者の責任。好きになれば、責任はとるでしょ。

~栄和人~

(5) 選手全員を好きになることが必要。もちろんレスリングを愛することも。指導は感性。特に理念があるわけじゃないよ。ただ、選手との関係性ができれば、自然と指導方法もできてくる。

~栄和人~

(6) 攻める勇気大事だよ。

~栄和人~

(7) 気持ちが守っているからダメ。

~栄和人~

(8) 辛くても悔しくても涙流してもそれでもやり続けなければ心は強くならない。

~栄和人~

(9) 攻め続けろ!前へ前へ!

~栄和人~

(10) 攻めにまわってないよ!

~栄和人~

目次
閉じる