瀬戸大也の名言・格言30選|心に響く言葉

瀬戸大也のプロフィール

瀬戸大也(せと だいや)
・1994年5月24日生まれ,埼玉県入間郡毛呂山町出身。
・男子競泳選手。
・リオ五輪で400m個人メドレーで銅メダルを獲得。
・2013年世界水泳選手権の400m個人メドレーで日本人初となる優勝,2019年世界水泳選手権でも日本人初の200m個人メドレーで優勝。
Wikipedia

瀬戸大也の名言・格言 30選

(1) 昨年はとにかくぎりぎり代表を決めるという感じだったので、余裕を持ちたいですね。でも一発勝負なのでやっぱり緊張します(笑)

~瀬戸大也~

(2) 女子の底上げですかね。今回のインカレで女子がメドレーリレーでメダルをとっていたので、「らいねん良い感じじゃん!」と思って。だからメドレーリレーをもっと良い順位にというのと、(ほかにも)速い子が入ってくるので、その子たちと結束して、女子のレベルが上がっていくことに期待しています

~瀬戸大也~

(3) 練習面で頑張っている姿を見せて「先輩頑張ってるわ、俺も頑張ろう」って思ってくれたらなと思います

~瀬戸大也~

(4) 後輩も増えてくるので、しっかりとした態度をとって、盛り上げるときは盛り上げてみんなに追われるような存在、先輩になっていけたらなと思います

~瀬戸大也~

(5) 4月で代表を決めるのは最低条件なので、それが決まってから世界水泳で一つでも多く金(メダル)がとれるような方向に持っていきたいので、コーチともいろいろ相談し合って合宿とかも決めていけたらなと思います

~瀬戸大也~

(6) とりあえず世界水泳で金メダルをとることだけを考えてやっていきたいです

~瀬戸大也~

(7) ワールドカップで転戦しているので、みんな話かけてくれて、たまに分かって言葉を返せたりして。話せないのに自分からあいさつをしにいっちゃうとかがあるので、多分トビウオ(日本代表選手団)の中だったら一番友達は多いと思います。だから英語を話せるようにならないとです(笑)

~瀬戸大也~

(8)(英語はあまり)話せないですけど、自分の中で自信があることは、海外の選手の友達が多いことです

~瀬戸大也~

(9)(萩野選手は)世界短水路が終わった後にイギリスに行っていましたね。公介は英語科なので、公介の(英語でのインタビュー映像)は見ていないですけど多分すごいと思います。ああいうので分かっちゃいますよね、頭のレベルが(笑)

~瀬戸大也~

(10) あの時も(Youtubeに)出されていないやつには全部日本語で言ったのとかもあったりして。言われているのは分かるのですが、言うのがまだできません。それはもうチュートリはないので(笑)、大学を卒業してから海外に水泳留学とかで行ったときに、英語は学んでいけたらなと思うんですけど、あれはすごく恥ずかしかったです…(笑)

~瀬戸大也~

(11) 最初から世界新は意識していたので。そのなかでも200メートルの時点で公介の位置は確認したんですけど、もうそこからは自分のレースだとパッと切り替えられたりして、やっぱり調子がいい時は余裕があるんですよね

~瀬戸大也~

(12) 自分でも何を言っているのか…。全然英語できなくてすごく恥ずかしいです。なんで(インターネットに)載せるのみたいな。ああいうふうに公開処刑もされたので、英語も頑張んなきゃなと思っているんですけど…あれは恥ずかしかったですね(笑)

~瀬戸大也~

(13) やばいっす!(笑)You Tubeで見ました?

~瀬戸大也~

(14) 切磋琢磨(せっさたくま)して二人でどんどん上にいきたいですし、いま3分55秒の4個メの世界新や、1分49秒の2個メの世界新は、まだまだ記録は上がっていくと思うので、二人でどんどん更新しあっていけたらいいなと思います

~瀬戸大也~

(15)(萩野選手に)日本新を出されたときはショックだったんですけど、(日本記録を)奪還できてうれしいです

~瀬戸大也~

(16) 基本全部なのですが、前半の積極性と苦手種目の背泳ぎの強化、あとはラストの自由形で競った時は負けない、抜けたときは見えない自分との勝負というか、きついところでしっかりと耐えられる体力をつくっていくことが、世界水泳や世界新記録を出すために必要だと思います

~瀬戸大也~

(17) いま頑張って耐乳酸の練習をして、練習の最後などきついところでレースのイメージをして頑張って耐えたりできているので、そういうことを続けてレースで生かせるようにしたいなと思っています

~瀬戸大也~

(18) 400メートルの最後は乳酸菌がバンバン出て、全然動かなくなってくるところを耐えられる体をつくりたいです

~瀬戸大也~

(19) 長短で大体のタイムは予想できるので今回3分56まで出ているということは、カザンでは最低でも10秒落ちで4分06秒。あとはうまくいって4分05秒、4分04秒と長水路でも世界新を出していきたいので、そういうところを目標に、大体のイメージはついたので世界短水路はすごくいい試合でした

~瀬戸大也~

(20) 2年前のバルセロナ(世界選手権)前も初めて世界短水路に出て4分割って優勝できて、これだったら(長水路で)4分10秒は割れるなと思っていました

~瀬戸大也~

(21) もう二重丸だと思います。欲を言えば世界新を出したかったのですが、まあそんなにうまくポンポンいくものではないので

~瀬戸大也~

(22) 正直2バタの方は勝負にもこだわったというか、最初の50(メートル)を抑え気味で入ってしまって、それでラストの50も競ったんです

~瀬戸大也~

(23) チュートリレベルじゃなかったですね(笑)。言っていることは分かるのですが、言いたいことが言えないというか

~瀬戸大也~

(24) 56秒も自分の自由形のベストラップくらいなので、やっぱりロクテは速いなと

~瀬戸大也~

(25)(世界記録の)自由形の54秒のラップはめちゃくちゃ速くて頑張って耐えていたのですが…

~瀬戸大也~

(26) あまり派手には喜ばなかったのは、自分でも不思議だなと思いました

~瀬戸大也~

(27) タッチしたときは(3分)56秒で、2連覇と日本新を更新できたのはうれしかったのですが、自分でもびっくりするぐらい落ち着いていて、「よし」という感じでした

~瀬戸大也~

(28) だから苦手なところでもしっかりグイッと差を縮められず、そのまま逃げ切っていて、得意な平泳ぎにつなげられたと思うので、いま練習でやっている背泳ぎの強化と、平泳ぎも安定して泳げるような強化をやっていればカザンの世界水泳ではもっといいタイムが出るんじゃないかなと思います

~瀬戸大也~

(29) 目標にしているところが世界新を出すことでしたし、(国際舞台でも)結構金メダルとかも取ってきて経験もついてきているんじゃないかなと

~瀬戸大也~

(30) 悔しかったですね。でも素直に日本新と2連覇はうれしかったです

~瀬戸大也~