イニエスタの名言・格言20選|心に響く言葉

イニエスタのプロフィール

アンドレス・イニエスタ
・1984年5月11日生まれ,スペインのカスティーリャ・ラ・マンチャ州出身。
・スペインのサッカー選手。
・FCバルセロナやスペイン代表として,世界の第一線で活躍。
・現在はJリーグのヴィッセル神戸に所属。
Wikipedia

スペインの至宝、日本に降臨

 長くスペインリーグのバルセロナで中盤の司令塔に君臨したイニエスタは、「世界遺産」と呼ばれるほどの芸術的なプレーで人々を魅了しました。 9回の優勝に貢献し、チャンピオンズリーグも4回の優勝を誇ります。2010年W杯では、オランダとの決勝戦で決勝点をあげ、スペインを初のW杯王者に導いた英雄となりました。 それだけに、2018年にJリーグのヴィッセル神戸に移籍したときにはサッカーファンを驚かせました。同年に3ゴールを上げ、2019年のシーズンではキャプテンとしてさらなる活躍が期待されます。ピッチを離れると落ち着いた性格の好青年です。

イニエスタの名言・格言 20選

(1) 全てが揃っていても成功しない時もある。

~イニエスタ~

(2) 一人では何もできない 。

~イニエスタ~

(3) 変化の時は難しく、適応するのに時間がかかる。

~イニエスタ~

(4) 宿敵相手の勝利は格別なもの。

~イニエスタ~

(5) ピッチの上でファンの期待に応えて最高のプレーをするだけ。

~イニエスタ~

(6) 私のプレーを多くの日本人が楽しんでくれている。

~イニエスタ~

(7) サッカーは地域とスポーツに一体感をもたらす懸け橋になる。

~イニエスタ~

(8)(選手にとって大切なものは何か?)努力。

~イニエスタ~

(9) 練習と謙虚さ、勝利への執念、そして素晴らしい仲間の存在とスタイルを持って指導してくれる監督も必要だね。

~イニエスタ~

(10) 私は日本に旅行に来たわけではなく、最大級の夢を持ち、最大級の力で戦い自分のキャリアを高めたい。

~イニエスタ~

(11)(なぜ今、日本でプレーしようと思ったか?) なぜ今かというと、22年間のバルセロナのキャリアで自分の中にあった全てを出し切った。レベル的にも身体面や技術面、精神面でも、次にステップに行く人生のタイミングが来たと感じた。

~イニエスタ~

(12) 負けると気分がいいものではない。

~イニエスタ~

(13)(バルセロナ退団時のスピーチ)私にとって世界一である、このクラブのエンブレムを守り、代表するのは喜びであり、誇りだった。

~イニエスタ~

(14) 戦い続けるということを意識してやってきた。

~イニエスタ~

(15) 自分の可能性を盲目的に信じ続けた。

~イニエスタ~

(16) サッカー選手になる夢に向かって自分は出来るんだと100%信じて、毎日練習をして夢を実現できたし、今もその夢も生きている。

~イニエスタ~

(17) 子供の頃から心掛けて来たことは『毎練習、毎試合、何かを学び取る』ということ。

~イニエスタ~

(18) チームメイト、監督、相手選手へのリスペクトを欠かさない事は心掛けている。

~イニエスタ~

(19) トップチームに上がるために必要不可欠な価値観は努力、規律、継続。

~イニエスタ~

(20) 僕の周りにいた大人たちは謙虚で努力しなければ何も成し遂げられないといつも教えてくれた。

~イニエスタ~