デビッド・ベッカムの名言・格言20選|心に響く言葉

デビッド・ベッカムのプロフィール

デビッド・ベッカム
・1975年5月2日生まれ,イギリス・イングランド出身
・元サッカー選手,モデル
・FIFA最優秀選手賞では2位に2度選出
・UEFAチャンピオンズリーグ100試合出場をイギリス人として初めて達成,またイングランド代表ではキャプテンも務めた
Wikipedia

デビッド・ベッカムの名言・格言 20選

(1) マンチェスターUの先輩選手が乗っていた赤いエスクードに乗せてもらってね。それ以来、車が好きでたまらないんだ。今でも家族でドライブするのは大好きだよ。

~デビッド・ベッカム~

(2)「7」は、僕が12歳のときから付けているスペシャルな番号だ。でもラウルは「キング・オブ・Rマドリード」だし、彼から7番を奪おうなんて気はさらさらないよ。

~デビッド・ベッカム~

(3) 僕はサッカーを始めてから常に新しいゴール(目標)を定めてチャレンジを続けてきた。

~デビッド・ベッカム~

(4) 僕はサッカーを始めてから常に新しいゴール(目標)を定めてチャレンジを続けてきたこの前ロメオが僕にむかって、もうサッカーはやりたくないって言ったんだ。打ちのめされたけれど、ほっとしている部分もある。彼は他に情熱をぶつけられるものを見つけたんだ。それを嬉しく思う。

~デビッド・ベッカム~

(5) 夫婦仲の秘訣は互いの趣味や仕事を理解し、興味を示してあげること。

~デビッド・ベッカム~

(6) 彼女(ヴィクトリア)は素晴らしい母親なんだ。子供たちに囲まれて、とても彼女は忙しいんだよ。そんな彼女をとても愛しているんだ。ほかにもたくさん彼女を愛している部分はあるよ。

~デビッド・ベッカム~

(7) 父親であることは、僕が経験してきた中で一番の幸せだよ。これ以上のことなんてない。

~デビッド・ベッカム~

(8) 僕の夢は叶った。なぜならいつも家族のそばにいられるからね。

~デビッド・ベッカム~

(9) 何かを必死でやりたいと思えば、道は開けていくものだ。

~デビッド・ベッカム~

(10) サッカーよりも家族が大切。

~デビッド・ベッカム~

(11) マドリードの街も、レアルも大好きさ。子供たちにはマドリードで教育を受けさせたいと思っているんだ。そのために、現役引退後も数年間はここで生活するつもりだよ。

~デビッド・ベッカム~

(12) 欧州を去ったことに悔いはないし、フットボールをサッカーと呼ぶことに抵抗もない。僕には、新しい挑戦が必要だったから。

~デビッド・ベッカム~

(13) サッカーは世界を1つにするよね。本当の意味でのワールド・スポーツだ。

~デビッド・ベッカム~

(14) 教室にはあまりいたくなかった。いい教育を受けるのは大事なことだとわかっていても、頭の中にはフットボールしかなかった。

~デビッド・ベッカム~

(15) 人生において勝利を得る方法はいろいろとある。しかし、苦労を伴わずしてそれを得ることはできない。

~デビッド・ベッカム~

(16) くよくよはしない。前を向いて進むだけだ。それも過去何年間もの間に築かれた成功の理由の一端なのだ。

~デビッド・ベッカム~

(17) 人々が、ぼくの左足が弱いだとかヘディングがもっと強くならなくちゃ、と言っているのは知っている。でもそれは、あまり練習しないからでもなければ、自分でもへただと思っているわけでもない。左足だって使えるが、より強い右足を使うほうがずっと理に適っているというだけのことだ。

~デビッド・ベッカム~

(18) 練習があってこそ、胸躍るようなスペクタクルゴールは生まれる。

~デビッド・ベッカム~

(19) ぼくのスキルは地元の公園で父とともに学んだ歳月のたまものだ。人の成長は育った環境でどうにでもなる。

~デビッド・ベッカム~

(20) 戦争とサッカーは別物だ。僕が考えているのは、親を失った子供、子供を失った親のこと。そのような人たちの力になってあげたいと思う。サッカーの試合に勝つことで彼らに微笑みを与えることができるのなら、ぜひともそうしたいと思う。

~デビッド・ベッカム~