香川真司の名言・格言30選|心に響く言葉

香川真司のプロフィール

香川真司(かがわ しんじ)
・1989年3月17日生まれ,兵庫県神戸市出身。
・プロサッカー選手。
・日本代表の10番を背負い,世界を相手に活躍。
・欧州サッカー連盟運営サイトUEFA.com発表のランキング「ヨーロッパで最も成功している日本人選手は誰か」で全部門1位を独占した。
Wikipedia

香川真司の名言・格言 30選

(1)『もっと上のレベルでやったら、あのプレーでいいのか?』とか、常に上のレベルを意識して試合を分析していました

~香川真司~

(2) ここを乗り越えれば、素晴らしい未来が待っていると思うと、今は本当に苦しいけど、気持ちを強く持っていけるし、ポジティブに考えられる

~香川真司~

(3) 自分を保つのは凄く大変です。この現実を受け止めない限り前に進めないと思うので

~香川真司~

(4) 相手は知っている選手も多いけど、守備の組織が強いとは思わない

~香川真司~

(5) 僕たちはバルセロナだって倒すことができる

~香川真司~

(6) 成長する時って、必ず苦しい時期があって、一回叩き落とされて、そこを乗り越えて成長していく。俺にとってまさに今だよね

~香川真司~

(7) 技術は二の次といったら変ですけど、まずは気持ちの面で絶対負けないという姿勢で練習や試合をやらないといけないと思ってます

~香川真司~

(8) ドイツではやっぱり下の毛は剃るじゃないですか!

~香川真司~

(9) 舐められるでしょー、日本人やから!

~香川真司~

(10)(ケールを気にかけたことについて)そうかもしれないけど、「怪我したのは俺のせいや」とホンマに思ってるし。特に長期の怪我の場合はね。俺は絶対に怪我せぇへんと思ってたし、せぇへん自信があったから

~香川真司~

(11) 一番大事にしているのは気持ちであり、戦う姿勢

~香川真司~

(12) 魂はドーハにおいていく

~香川真司~

(13) 試合の日は(ピンクかな)気合の入った(勝負)パンツ履きたいですね(笑)

~香川真司~

(14) 試合前日でも、いつもと同じ生活のリズムはしている。あとは、一緒の(勝負)パンツかな(笑)

~香川真司~

(15) 選手とのコミュニケーションは、ノリと単語です

~香川真司~

(16) ドイツ語は難しいですね。何も分からないから、、、覚えるしかないんで

~香川真司~

(17) コミュニケーションの面で遅れをとっていると思うし、危機感を持ちながら積極的に毎日を送っていきたい

~香川真司~

(18) こういうプレーをしようとか、相手はこうくるだろうとかイメージしていると、その考えにプレーが縛られてしまう。だから、試合になったら無心になるようにしている。無心になって、本能に任せて動く

~香川真司~

(19) 余計なことは考えない。どういう試合になるというイメージは持たない。ボールと相手とピッチだけを見て戦う

~香川真司~

(20) 常に俺はね、『絶対に最後見とけよ!』と思っている。今は負けているかもしれないけど、コツコツと差を縮めて、絶対に追い抜いてやるという気持ちは、中学校の頃から持っている

~香川真司~

(21) 俺が、ファンに愛を感じるから、愛を与えているのかなぁ…。要は、愛し、愛されているんですよ

~香川真司~

(22) 壁というよりは試練っていうか……。プレーで何かにぶつかったわけでもないし。でも、やっぱり壁以上につらかった。成長が止まっている気がして

~香川真司~

(23) 戦う脚ですから、これがなきゃ生きていけないですから。…のわりには手入れしてへんな!

~香川真司~

(24) 今から楽しみで仕方ない。ウッチーのシャルケがやってるのを見てそう思った。シャルケがインテルに勝てるならドルトムントだって勝てるはず

~香川真司~

(25) 僕が好調な時は「無」の状態で試合に臨めます。あれこれ考えず「無」になると、余裕を持ってピッチに立てます

~香川真司~

(26) 自分の信念と夢は絶対に崩れることはない。自分の将来へのプラン、強い思いは変わらないので、それを信じてやり続ける

~香川真司~

(27) 心だよ、心

~香川真司~

(28) 僕が2点取って2-0で勝つ

~香川真司~

(29) 背番号「10」をつけている僕と、クラブで「23」をつけている僕。二つのチームで結果を残せるよう、成長しないと

~香川真司~

(30) ゴールは1番自分を落ち着かせてくれる

~香川真司~