岡崎慎司の名言・格言15選|心に響く言葉

岡崎慎司のプロフィール

岡崎慎司(おかざき しんじ)
・1986年4月16日生まれ,兵庫県宝塚市出身
・プロサッカー選手,セグンダ・ディビシオン・マラガFC所属
・日本では清水エスパルスで活躍

・2019年時点の日本代表得点ランキングで歴代3位の記録を持つ
Wikipedia

岡崎慎司の名言・格言 15選

(1) 自分一人ではここまで来ることはできなかったと思っています。

~岡崎慎司~

(2) 自分のリズムでとことんやることで、結果的に相手を押し込んだり、自分がフリーで起点になれたりもする。1トップを任されたことがきっかけになって、昔の自分の感覚に戻れた気がします。

~岡崎慎司~

(3) マインツでFWとして出る機会が増えて、他の人(のプレー)に合わせるのではなく、自分に合わせさせようと考えるようになりました。FWにはそれが一番重要だということに気づきました。

~岡崎慎司~

(4) 全てのホームゲームでゴールしたいと思っている。

~岡崎慎司~

(5) いやぁ~宇佐美のタックルマジで良いタックルやったわ(笑) 取り返しに来るスピード タックルのタイミング しっかりボールにいくタックル!あっぱれ!!てかあれで怪我したけど まじでたまたまで、親指が絡まったんすよ。

~岡崎慎司~

(6) サッカーをする人、見る人、伝える人、教える人、経営する人…みんながサッカーファンを1人増やす努力をしたら日本はもっとサッカーで盛り上がると思う。

~岡崎慎司~

(7) 柔道の篠原信一さんが、シドニー五輪の大誤審について言ってた言葉に惹かれた。『負けはあの判定のせいじゃなく、あの判定で集中力が切れた自分の負け』って。こんな風に考えれるという事は、普段から絶対に人のせいにしないって事。僕も結果や判定を受け入れ、常に前を向いて行動していきたいと思う。

~岡崎慎司~

(8) ここまで来たら、もう、やるしかない。

~岡崎慎司~

(9) 体が疲れているとか、コンディションが悪いと思われた時に僕はそれを受け入れたくない。だって疲れていない人はいないから。自分自身が疲れを最大の原因にした時、成長が止まる気がする。見えるものも見えなくなると思う。

~岡崎慎司~

(10) 僕が代表入りたての頃、中村俊輔さんから『29歳になったら動けなくなる』と言われた。その時思ったのは「ただ走るだけじゃなく考えてサッカーしよう」でした。俊さんは間違いなく愛情のある苦言をくれた。

~岡崎慎司~

(11) ミズノとの契約を更新しました!自分のサッカー人生の中で、1番の相棒は改めてミズノだと思っています。自分の成長を影でサポートしてきてくれたミズノと、ミズノが本気で作る最高のスパイクに、今後も感謝と尊敬を持ち続けたいと思います。

~岡崎慎司~

(12) 自分が世界を知るきっかけになったオリンピック。これからの日本代表には、間違いなく必要となる選手が、若い世代にいる。

~岡崎慎司~

(13)「自分に必要なもの」を身に付けたい。

~岡崎慎司~

(14) プレミアでは「激しい」という意味の種類がドイツとはまた違いますね。

~岡崎慎司~

(15) 夢を見るのは簡単です。大事なのは、夢を実現させるための目標を持つこと、そして、その目標をひとつひとつクリアすること。

~岡崎慎司~