澤穂希の名言・格言30選|心に響く言葉

澤穂希のプロフィール

澤穂希(さわ ほまれ)
・1978年9月6日生まれ,東京都府中市出身
・元女子サッカー選手
・6度のW杯と4度の五輪に出場し,2011年FIFA女子W杯ドイツ大会で得点王とMVPを獲得,さらにFIFA最優秀選手賞受賞
・日本女子代表では歴代トップの出場数とゴール数を記録
Wikipedia

澤穂希の名言・格言 30選

(1) 苦しくなった時は、私の背中を見なさい

~澤穂希~

(2) 謙虚こそ最高の先生

~澤穂希~

(3) 苦楽をともにしてきた仲間と一緒にサッカーできたことが一生の宝物です

~澤穂希~

(4) アドバイスなんて言える立場ではないですけど、その子が、サッカーが好きならサッカーをやってほしいなと思いますし、ワールドカップに出たいとか、代表選手になりたいとか、どんな目標でもよいと思うので、常に目標とか夢を持ってやっていただきたい。きっと、大好きなサッカーだと思いますし、楽しんでやってほしいなと思います

~澤穂希~

(5) 若い子にはグラウンドで、先輩たちの背中を見て感じるものが絶対あると思うので、口で云々よりは、先輩達がグラウンドで出す、それを見て何か感じてほしいなと思います

~澤穂希~

(6) 一生懸命さとか、最後まであきらめない気持ちも、フィールドで出せると思うので、そういったところも見てほしいなと思います

~澤穂希~

(7) ワールドカップを見て、会場に来てくれるっていう方が多いと思うので、ワールドカップで出したような見る人を魅了するプレーだったり、迫力あるプレーを見てもらえれば、お客さんも喜ぶと思います

~澤穂希~

(8) とりあえずは今、目の前にあるものを、やっていくので、今はちょっと脳味噌使って答えを出してないです

~澤穂希~

(9) 対戦してというか、いつも感じているのは、やっぱり(アビー)ワンバック選手はすごいなと思います。やっぱり、チームメートでいたいですね(笑)

~澤穂希~

(10) ワールドカップでも出した迫力あるプレーをみんなに見せられたらよいなと思います

~澤穂希~

(11) その課題は今回克服できましたし、それを持続してやっていきたいですね

~澤穂希~

(12) ポゼッションの質や、普通に止めて蹴ること、それからポジショニングも更に高めたいですね

~澤穂希~

(13) どのチームも手ごわいですね。楽して勝てる試合は一試合もないですから

~澤穂希~

(14) あれは、約束してたんです。このスパイクにかける思いもあったので

~澤穂希~

(15) やはり、相手がアメリカで、しかもワールドカップの決勝で、残りもう数分しかない中で、あそこで同点に追いつく劇的ゴールっていうのは、今までにないシチュエーションでしたし、まさかあの角度からあそこにいくんだ、みたいな。シチュエーションもそうだし、シュートもそうだし、今までには感じたことがないベストゴールでしたね

~澤穂希~

(16) あれは、自分のゴールの中でベスト1になるんですかね

~澤穂希~

(17) アメリカとかに対して一回も勝ったことがないのに、なぜかあの時、ワールドカップの時は、勝てる気がするっていう、不思議な感じでしたね

~澤穂希~

(18) 覚えているのはオリンピックの初戦のニュージーランドの狭いニアでのゴールぐらいですね

~澤穂希~

(19)(自信が)ある選手は絶対あると思いますし。勝たなきゃいけないですけど、日本らしいサッカーができれば大丈夫だと思います

~澤穂希~

(20) 心と体が一致してトップレベルで戦うことが難しくなってきた

~澤穂希~

(21) 言葉にするのは難しいですけど、若い選手があの大きな舞台で優勝を経験できたのは、とても良かったと思います

~澤穂希~

(22) もともと攻撃的な選手なので、自分の中では、そこをもうちょっとうまく、攻撃に絡めるようにしたいですね

~澤穂希~

(23) やっぱり、アジアは日本のサッカーと似てるんですよね、北朝鮮もそうですし、韓国もそうですし、ポゼッションの部分であったりとか。ドイツとかアメリカとはまた違いますね

~澤穂希~

(24) これは、もう、今回のオリンピックの予選もそうですし、本大会に行くと仮定して、すべてをかけて戦うというか、臨む大会でもあります

~澤穂希~

(25) これ、とても軽いんですよ。プレーしていても疲れないですし、たぶんこれ履いたらあの決勝のシュートできますよ(笑)

~澤穂希~

(26) 今回のプレデターは特に軽いんですよね。結構汗をかくので、スパイクが重いとさらに汗で重くなるので、足が上がりづらくなるんですけど、これは本当に軽いですね

~澤穂希~

(27) 今の自分のプレデターも、前のも新しいのもそうなんですけど、自分の足に合っているというか、インソールも特別に作っていただいて、新しいスパイクでその日に試合をやっても靴ズレがないくらい、自分の足に合ってますね

~澤穂希~

(28) やっぱり、これがないと試合行えないですからね

~澤穂希~

(29) 11人対10人で、しかもドイツ相手ですし、みんなに負担をかけれないですし、自分自身も早く戻りたいって気持ちがあって、痛かったんですけど、大丈夫って言いました

~澤穂希~

(30) でも、やっぱり選ばれるっていうのは誰しもが出来ることではないんで、すごくびっくりしていますけど、それと同時に光栄に思います

~澤穂希~