内田篤人の名言・格言30選|心に響く言葉

内田篤人のプロフィール

内田篤人(うちだ あつと)
・1988年3月27日生まれ,静岡県田方郡函南町出身
・プロサッカー選手,J1リーグ・鹿島アントラーズ所属
・元日本代表
・2010年-2017年までドイツブンデスリーガ・シャルケで活躍
Wikipedia

内田篤人の名言・格言 30選

(1) 簡単に答えは出ないと思います

~内田篤人~

(2) 日本人はなんでも一生懸命やろうとするし、練習試合も勝たないといけないと思う。まじめすぎるんです

~内田篤人~

(3) 休めるポイントを分かってくればもっと上手くプレーできる

~内田篤人~

(4) 毎日、地道に淡々とやって、結果だけを出しときゃいい。不言実行。それが一番カッコいいから

~内田篤人~

(5) 夢は必ず叶うという言葉も信じていない。夢は願えば必ず叶うものではない

~内田篤人~

(6) 我慢して、我慢して、それでも勝ったという経験をしているかどうか。そういった成功体験を多くしていれば、チームとして我慢を貫ける

~内田篤人~

(7) プレーしているのは自分。経験したことのない人たちに言われても、「経験がない人たちが想像で言っているんだ」というくらいにしか思わない。

~内田篤人~

(8) いつかのために今やろう。

~内田篤人~

(9) 努力している人は必ず報われるは甘いです。僕が思うに逆です。成功している人、輝いている人は必ずどこかで努力してきています。努力すべては報われないかもしれませんが、努力を始めない限り、スタート地点にも立てていないんです

~内田篤人~

(10) 僕が評価や批判をするときには、僕なりの定義がある。それは”自分が経験したことがあること”についてなら、評価や批判をしてもいいというもの

~内田篤人~

(11) 夢は必ずかなうという言葉も信じていない。夢は願えば必ずかなうものではない。成功している人は絶対に人がしないような努力をしている

~内田篤人~

(12) 僕はどうしようもないなら無理に波を変えようとせず、じっくりと回復を待つことにしている。状況が待ってくれないことがあるかもしれないが、「今はこういう時期なんだ」と言い聞かせて、慌てないことが大事だと思っている。それが自分を見失わない方法でもあるんだ

~内田篤人~

(13) 気持ちが落ちるなら、一番下まで落ちてしまえばいい。そうなれば、あとは上がるしかないから。そして、いつ考えても、結局「やるっきゃない」という結論におちつく。もう考えてもしょうがないような気がしたから、考えないようにした

~内田篤人~

(14) 嬉し涙は我慢できないものだと知った。自然にぽろぽろ落ちてくる。我慢しようとすればするほどこみ上げてくる。僕は何回でもあの涙を流したい

~内田篤人~

(15) FWは花、DFは土

~内田篤人~

(16) 俺たちはどれだけ成長したかなんて測れない。だから、試合に勝つしかないんだよ

~内田篤人~

(17) サッカー選手というか、人間は黙々と、コツコツと、結局そこかなって思っているんで。やる前にいくら言ってもね

~内田篤人~

(18) 悔いを残さないこと。『あと5メートル、全力で走ればチャンスになっていたのに』『あと1秒、集中していればピンチを防げたのに』という後悔のない90分間にする

~内田篤人~

(19) 最近、契約が切れるときに移籍する「0円移籍」が増えてきている。ひとつの手段、権利として認められているけれど、それはできなかった。ほかのクラブの選手とは、クラブに対する愛情が違う。移籍金は言い換えれば、クラブが僕に注いでくれた愛情への対価。たくさんの移籍金を残したい。僕はそう思ったし、クラブがそう思わせた。それだけ鹿島は選手を大事にするクラブだった

~内田篤人~

(20) 僕は毎年が勝負だと思ってやってきました

~内田篤人~

(21) やっぱり誰かしらがサボらないんでしょうね。前線の選手が守備をサボる分、誰かがめちゃくちゃ汗をかく。技術があって、走力もあって、頭も良い。本当に評価されるべきは、そんな攻守を高いレベルでできる選手だと思いますけどね

~内田篤人~

(22) 僕のサッカー人生はこのまま進んでもいいのかと考える時間が増えてきて、じゃあ、積みあげてきたものを全部取っ払うのも手じゃないかと思った。リセットボタンを押しちゃえって

~内田篤人~

(23) 僕が一番注目するのは、監督が怒ったとき。遠くにいても、ほかの選手のどんなパスに怒ったのか、どんな動きを注意したのかを知りたい。

~内田篤人~

(24) 勝つチームには「勝ち癖」がついている。試合をやっていれば、苦しい時間、我慢しなければいけない時間というのが必ずある。相手が強くなればなるほど。我慢する時間は増える。そこで、チームとして我慢するぞとなって、その我慢をやり通せるか、やり通せないか

~内田篤人~

(25) 相手も同じサッカー選手。ピカチュウやピッコロさんがいるわけじゃない

~内田篤人~

(26) やっぱりサッカーできて楽しいな、幸せだなっていうのは、常に感じていたいです

~内田篤人~

(27) 僕は高校1年のとき、一度、夢をあきらめてしまったんです。普通に自分の夢を書けばよかったのに逃げてしまった。そんな自分が、ちょっと恥ずかしかったし、悔しかった。それが少しだけ心残りです

~内田篤人~

(28) 海外に行ってもみんなが成功するわけじゃない。でも、チャレンジしないことには何も始まらない。自分があれだけ悩んで決めたことだから、僕はこの道を進む

~内田篤人~

(29) パスを出すときは、バウンドも計算する。ボールを受けるときは、相手が出しやすい位置に顔を出す。一言で言えば、気配り

~内田篤人~

(30) 自分を曲げてまで、周りの人に好きになってもらいたいとは思わない。それで「感じが悪い」と嫌われることになっても、「はい、すいませんでした」って諦められる

~内田篤人~