須藤元気の名言10選|心に響く言葉

目次

須藤元気のプロフィール

須藤元気(すどう げんき)
・1978年3月8日生まれ、東京都江東区出身。
・日本の総合格闘家、レスリング指導者、ダンスパフォーマー、英会話学校代表、政治家、マルチタレント。
・総合格闘技の選手として名を挙げ、引退後はレスリング指導者としても実績を残す。
・2019年に参議院議員に初当選。
Wikipedia

須藤元気の名言 10選

(1) あえて人生、死なない程度に失敗しておいたほうがいい。その経験はいずれ人生の有用な道具となるから。

~須藤元気~

(2) 望んでいるのなら、一歩踏み出すべき。

~須藤元気~

(3) I want toで動く、楽しめるかどうかです。逆にI have toで動いてしまうと、労力がかかるので、あまり生産性のいい仕事ができない。

~須藤元気~

(4) 未来の不幸を予想して落ち込むより、今、手元にある充実を楽しもう。

~須藤元気~

(5) 幸せというものの大半は、境遇では決まらない。心のあり方で決まる。

~須藤元気~

(6) 一流の人間が集まる場所に自分を置くんですね。常に一流の空気、あるいは波動に触れるようにする。そうすると、そこにいる人はだんだん一流になっていくんです。

~須藤元気~

(7) さまざまな世界を見たほうが、色んな意味で大きくなれる。そういった経験があるから今の自分が、「須藤元気」が存在する。

~須藤元気~

(8) 成功は人のおかげ、失敗したときは自分のせい。そう考えていれば、人間関係もうまくいき、心も軽やかでいられる。

~須藤元気~

(9) 好きなことをして、あっという間に一日を過ごした人は、本当にあっという間の分しか歳をとっていない。いつまでも若々しくいるには、好きなことをしながら生きること。

~須藤元気~

(10) 人を評価すれば、自分も評価される。人を裁けば、自分も裁かれる。

~須藤元気~

目次
閉じる