宇野昌磨の名言・格言20選|心に響く言葉

宇野昌磨のプロフィール

宇野昌磨(うの しょうま)
・1997年12月17日生まれ、愛知県名古屋市出身。
・フィギュアスケート選手(男子シングル)。
・中京大学スポーツ科学部在学中で、トヨタ自動車所属。

Wikipedia

弱さ克服、羽生追う

 宇野昌磨さんのスケート人生のスタートは5歳のころにさかのぼります。父親に連れられて行ったリンクで遊び、偶然居合わせた浅田真央さんに「いっしょにやろうよ」と声をかけられ、フィギュアスケートが好きになりました。 宇野さんは喘息(ぜんそく)持ちで体が弱く、入退院を繰り返していました。そのためご両親は宇野さんの体を強くしようと様々なスポーツに挑戦させましたが、宇野さん自身が「もう一度やりたい」と言ったのがフィギュアスケートだったのです。 今は「練習の虫」といわれるほどフィギュアに打ち込み、羽生結弦さんを追っています。

宇野昌磨の名言・格言 20選

(1)(オリンピックについて)笑顔で終えられるように…。

~宇野昌磨~

(2)(浅田)真央ちゃんが(フィギュアスケートに)誘ってくれたおかげで、今の自分があると思うので本当に感謝の気持ち。

~宇野昌磨~

(3) ホントに今、スケートだけをやれていてすごく幸せです。

~宇野昌磨~

(4) 結果を求めることが緊張につながるのか分かりませんが、それが僕にとって貴重な経験になる。

~宇野昌磨~

(5) ジャンプがすごいって言われるより表現がすごいって言われる方がすごく嬉しい。

~宇野昌磨~

(6)(10年後の夢は?)僕にとって夢というものは何もなく”目標”。

~宇野昌磨~

(7) 自分を信じるというテーマを掲げながら、なかなかそれが成し遂げられなかった。

~宇野昌磨~

(8) 僕は昔から、練習の休みはとらないタイプでした。1日休むだけでも、ジャンプが大崩れしてしまう。

~宇野昌磨~

(9) 一番は自分が満足するいい演技をすること。

~宇野昌磨~

(10)『自分に』負けず嫌い。

~宇野昌磨~

(11) 昨日は跳べたのに、今日は跳べない、とか、音楽なしの練習ではできたジャンプなのに、曲かけの時だけ失敗しちゃった、とか。そういう時は、悔しくて泣けてくる。

~宇野昌磨~

(12) 自分の気持ち次第で変われる。

~宇野昌磨~

(13) 最初に楽しいって気持ちが前に出たときは高い確率で成功している。

~宇野昌磨~

(14) 失敗を恐れていては前に進めない。失敗すればそこで修正すればいい。

~宇野昌磨~

(15) 昨日の自分に勝ちたい。

~宇野昌磨~

(16) 攻める姿勢を忘れずに。

~宇野昌磨~

(17) 悔しい思いをしないと『やってやるぞ!』という気持ちになかなかなれない。

~宇野昌磨~

(18) 練習すればそれなりに嬉しいことも返ってくる。

~宇野昌磨~

(19) 何か新しい事をやってる時が一番楽しめている。

~宇野昌磨~

(20) 体調管理、めっちゃ下手。

~宇野昌磨~