渡部香生子の名言・格言10選|心に響く言葉

渡部香生子のプロフィール

渡部香生子(わたなべ かなこ)
・1996年11月15日生まれ,東京都葛飾区出身。
・競泳選手。
・2016年,リオ五輪に出場。
・2018年のアジア大会では女子200mで金メダルを獲得。
Wikipedia

渡部香生子の名言・格言 10選

(1) 一回一回の練習を無駄にしないように意識して練習をしています。。

~渡部香生子~

(2) 水泳のどこが好き?と質問をよく頂くのですが、難しいんです。ただ水の中にいるのは何よりも好きですね。

~渡部香生子~

(3) 背泳ぎはいつでも息が吸えるので好きでした。

~渡部香生子~

(4) マイナスのことを考え始めてしまうと結構深くまでいってしまうことがたまにある。

~渡部香生子~

(5) チーム自体の雰囲気が良くなっていけば、1人1人が持っている以上の力を発揮できると思う。

~渡部香生子~

(6)「楽しいな」と思えるようにやっていきたい。

~渡部香生子~

(7) 思うような結果が出なかった時もすぐに忘れてしまうので、次がんばればいいかな!と思うくらいです。

~渡部香生子~

(8) オンとオフの切り替えを大切にしています。

~渡部香生子~

(9) 高校生の頃より、今の方が勉強しています。スポーツ科学部なので、スポーツの事や健康の事など、スポーツ全般幅広く勉強をしています。

~渡部香生子~

(10) 高校生の時は、月曜日から金曜日までJISS( 国立スポーツ科学センター)に泊まって練習をしていたので、実家に帰れるのは週末だけでした。JISSの宿泊所は個室なので、誰ともおしゃべりする事が出来なかったので、家に住んで家族と一緒に楽しくおしゃべりをしたかったです。

~渡部香生子~