掛布雅之の名言・格言10選|心に響く言葉

掛布雅之のプロフィール

掛布雅之(かけふ まさゆき)
・1955年5月9日生まれ,千葉県千葉市出身。
・元プロ野球選手。
・ベストナイン7回,ダイヤモンド賞6回など活躍。
・引退後は野球解説者や阪神の二軍監督などを務めた。
Wikipedia

掛布雅之の名言・格言 10選

(1) どれだけ激しいポジション争いができるのか、強いタイガース復活のカギはここにあると思います。

~掛布雅之~

(2) ソフトバンクや日本ハムがなぜ強いかといえば、競争に勝ち残ったメンバーが試合に出ているからなんですよ。競争が激しくなると、おのずと練習量も増えてきます。それに競争で勝ち残った選手がレギュラーを獲れば、誰からも不満の声は上がらないでしょ。

~掛布雅之~

(3) “やらされる野球”ではなく主体性を持った“やる野球”をしよう。

~掛布雅之~

(4) これまでのタイガースは他のチームから大物選手を獲得してきて、競争もなく彼らにポジションを与えていました。これでは危機感は生まれないですし、若手も育ってきません。

~掛布雅之~

(5) 結局、チームを変えられるのは若い力しかないような気がします。

~掛布雅之~

(6) タテジマのユニフォームを着た選手はヤンチャでなければいけないと。今はおとなしい選手が多い。もっとグラウンドで暴れて、ユニフォームを汚してほしいですね。

~掛布雅之~

(7)(“これぞ”という選手は長嶋さんのように自宅の地下に呼んでバットを振らせますか?)私から押し付けることしない。だが、本人が目の色を変え、時間を惜しんで私の家に押しかけてでも見て欲しいというなら、もちろん、とことん付き合うつもりだ。

~掛布雅之~

(8) バッティングは崩されてもいい。崩された中で、タイミングを取れる順応力を磨けばいい。

~掛布雅之~

(9) 引退してすぐにユニフォームを着ていたら、上から押しつける感じの指導者になっていたかもしれない。人生で回り道をしたことが今に生きている。

~掛布雅之~

(10) 4番が負けの責任を一人で負うことで、他の選手の負担を減らせるんです。

~掛布雅之~