川淵三郎の名言・格言30選|心に響く言葉

川淵三郎のプロフィール

川淵三郎(かわぶち さぶろう)
・1936年12月3日生まれ,大阪府高石市出身。
・元サッカー選手,元日本代表監督。
・Jリーグ初代チェアマン,第十代日本サッカー協会会長。
・日本サッカー殿堂入りし,秋の叙勲で旭日重光章を受章した。
Wikipedia

川淵三郎の名言・格言 30選

(1) スポーツの持つ価値は、今よりはるかに高い地位を占めるようになる。だからこそスポーツに、もっと英知を集めてやらないとダメですよということだ

~川淵三郎~

(2) そういうことを喋っていると血圧が上がってきて仕方ない。喋りたくないな(笑)

~川淵三郎~

(3) 指導者の養成から始まり、環境の整備もそうだし、若手の育成もそう。日本のバスケットボール界がどうすれば良くなるかということを総合的に考えないといけない。一個だけ考えて、将来の日本代表を背負って立つ若手だけのチームをリーグに入れてとか、そういう考え方で成功するわけはないよ

~川淵三郎~

(4) 一つやったらすべて良くなるなんてことはない。すべて複合的にやらないと

~川淵三郎~

(5)(男子は)40年以上も五輪予選を突破していないんだから。それは明らかにドメスティックであり過ぎたからでしょう? 世界大会にも出られないほど国内を優先している限りは、日本は世界のひのき舞台では勝てないよ

~川淵三郎~

(6) 世界を知っている指導者がそんなにいるとも思えない。日本国内でどんなに優秀と言っても、世界を知って初めて優秀な指導者と言えるわけだから

~川淵三郎~

(7) ただ基本的には、日本のバスケ指導者が今のままでいいとは思わない

~川淵三郎~

(8) リーダーは時に独裁者でいい。しかし、私利私欲を捨てて理念を持たなければ、独裁者になる資格は無い

~川淵三郎~

(9) リーダーの自信、揺るぎない信念、それを裏付ける根拠、理論武装。僕の場合は一本線が通ってる。揺るぎない方向性を出してるから、誰もそれには抵抗出来ないんじゃないの

~川淵三郎~

(10) スタジアムの大きさ以上のクラブには成長できない ポテンシャルはあるからスタジアムは先を考えて

~川淵三郎~

(11) スポーツこそが奇跡を起せるんだよ!

~川淵三郎~

(12) 反省した後に監督探していたら優秀な監督はみんな取られてしまう。逆によくハリルみたいな人を良く探してきたな

~川淵三郎~

(13) 言葉で共感を得られなければ、決してリーダーにはなれない。今の時代、黙っていても察してもらえるというのは、甘い考えだと思う

~川淵三郎~

(14) 感動を与えるサッカーをして負けたのなら悔いはない。つまらない試合で勝って、いくらの値打ちがあるんだ

~川淵三郎~

(15) 絶対に成功するんだ、という気持ちを持つ

~川淵三郎~

(16) 何も感じなければ、何も残らないんだ

~川淵三郎~

(17) ザッケローニ監督が、一番すごいな、と思うのは「こういう時は、こうしたほうがいい、ああしたほうがいい」と言って、「君はどう思うか?」って必ず言うんですって。僕が知ってる中で「君はどう思うか?」って言う監督は今まで誰もいませんよ

~川淵三郎~

(18) 選手一人ひとりを理解しよう、と誰と誰がよく話し合っている――食事の時に誰がどういう形で座っているか――というのも、ちゃんと見てるんですよ

~川淵三郎~

(19)(ザッケローニ監督の優れた点を、1つ挙げてください。)日本を理解しようとしていること。日本の歴史・文化、すべて

~川淵三郎~

(20)(無人島に何か一つだけ持っていくとしたら、何を持っていきますか?)本

~川淵三郎~

(21) 自分の意思は最後まで貫き通す

~川淵三郎~

(22) ものごとを死ぬまで貫き通す

~川淵三郎~

(23) 渡辺さんが「独裁者・川淵」「空疎な理論」などと発言するたびに、僕がテレビ局でいろいろ説明するので、結果、良いPRになった。Jリーグの恩人だったな、と思えた

~川淵三郎~

(24)(渡辺恒雄について)当時は、目の前からいなくなればいいと思うほど嫌っていたが、現在は仲良くなった

~川淵三郎~

(25) 仕事というものは、できないことにチャレンジをして、できるようにしてみせることを言うんだ

~川淵三郎~

(26) 大体仕事のできない者を見てみろ。自らの仕事に誇りと責任を持てない人間を見てみろ。次から次へと、できない理由ばっかり探し出してくるだろう

~川淵三郎~

(27) 前例がないと言う人間は、私にはアイデアがないということなんだ。でも、私にはアイデアがありませんとは恥ずかしくて言えないから、前例がないという言葉で逃げようとする

~川淵三郎~

(28) そもそも時期尚早と言う人間は、やる気がないということなんだ。でも、私にはやる気がありませんとは情けなくて言えないから、時期尚早という言葉でごまかそうとする

~川淵三郎~

(29)『俺ほどバスケットのことを真剣に考えている奴、いるなら出てこい!』って気持ちでやっている

~川淵三郎~

(30) 物事は何でも理念があって続いていくわけでね。理念がないのなら、単なるカネ儲けですよ

~川淵三郎~